インドに引っ越した17歳

1 / 3 ページ

生まれてから高校1年生までずっと何処にでもいる普通の女の子だった。だからこの先も死ぬまでずっと平凡で普通の人生を歩むと信じていた。しかしこの頃を境に私の人生はまるで漫画か映画の様に展開していくことになる。


高校1年生の夏、初めて飛行機に乗った。行き先はインド。初めての海外にも関わらず、その行き先はあまりにも自分の日常からかけ離れていた。

飛行機に乗って母と姉と、インドに単身赴任の父に会いに行った。父に会うのがもちろん第1の理由だったが、私達には他にも目的があった。


ーーー新居探し。


父の出張期間が1年から2年になるという話だったので、いっそ家族でインドに引っ越してしまおうという事になった。高校生だった私は親の仕事の都合でそんなよく分からない国に引っ越すなんて到底想像が出来なかった。当時の私のインドの印象はこうだ。


ーーーカレーと、乾燥した地域。


私は英語も話せなかったし、家族も話せなかった。ゆとり世代最終学年の私は中学生からしか英語は習ってないし、英会話の習い事をした事も無ければ外国人と話したこともない。インドや英語に関して何の知識もない私は不安でしかなかった。家族と一緒とは言え、どうやって生活すれば良いのか分からなかった。そんな不安を抱えながらも、私は初めての飛行機に、初めての海外に無意識に胸を躍らせ、母と姉に何度も「嬉しそうだね」とか、「少しは落ち着きなさい」と言われた。


そんなこんなで(1人で)はしゃいでいたらインドに着いた。現地時間の夜だった。到着口に着くと父がいた。


「よう、よく来たな。」


数ヶ月ぶりに会った父はいつもより少し浅黒く日焼けし、その肌の色が現地と馴染んで頼り甲斐のある人に見えた。その時点で私達女3人にとって父は、異国の地でのただ1人の日本人であり、頼らなければならない存在になった。父が金魚で、私達はその金魚のフンにならなければいけなかった。

父の隣には専属のタクシードライバーがいた。背が高く、真っ黒な肌に真っ黒な短髪と髭。決して新しくはないが、だからこそ現地に馴染んだTシャツ。たどたどしい中学英語で挨拶を軽く交わし、私達4人家族は車に乗り込み、父の滞在しているアパートに向かった。


日本と違い、インドは乾燥していて暑かった。気温は日本の夏より高い筈なのに、乾燥しているせいかそこまで鬱陶しくはなかった。まだ空港を出て車に乗り込んだだけだったが、初めて体験した異国の地の、初めて体験する気候、それだけでもう自分が日本にいない事を実感出来た。


その夏、私達家族はインドで1週間過ごした。父にあてがわれたアパートは、1人暮らしには勿体ない3LDKで、寝室3部屋のベッドは全てダブルベッドだった。しかもリビングと2つの寝室にはシャワーとトイレがあった。それだけではない。父にはお掃除さんが居た。毎日決まった時間に来て掃除をして帰るお兄さんだった。

時差ボケと旅の疲れと、夜だったのでその日は適当に使い慣れないシャワーを浴びて初めてのダブルベッドで寝た。


翌朝目がさめ、私達4人は早速物件探しを兼ねた市内散策に出た。家を出る時は車とドライバーが居ないと何処にも出られなかった。それは数ヶ月住んでいた父もそうだったが、初めての海外2日目を経験している私には、未知の世界に自分の足で踏むのはあまりにも恐ろしすぎた。


車から見る初めての国。黄色っぽい砂が、アスファルトの全体を薄く覆っていて、その上を何台もの車が埋め尽くしていた。車線という概念はこの国には存在するのだろうか。あったとしてもきっと先程の黄色い砂に覆われて見えなかっただろう。


初めての異国には沢山の人がいた。そのほとんどば男性に思えた。女性が少ないのだ。そして女性はカラフルなサリーを着たり、真っ黒な目だけを出す服を着ていた。後から父が教えてくれた。この国では女の子を育てるのが大変だという事を。女の子は5歳までに死んでしまう確率が男の子より高く、家事に追われて勉強する時間もない。それ故、就職も厳しい。だから女の子は生まれる事も許されないのだという。女の子がいる家はそれなりにお金持ちなのだと。うちは姉と私の2姉妹なので、家族4人で歩いている私達はインド人の目にどんな風に映るのだろうか。なんだか申し訳ない気がした。


道路には砂や車や人以外にも居た。


ーーー牛が。


信じられないかもしれない。でも確かに居たのだ。牛が。それも1頭や2頭ではない。中には車道のど真ん中で昼寝をして、それを厄介に思うドライバーに「お前が退け」とでも言うように太々しく「モ~!」と鳴く牛も居た。

他にも目が潰れたり脚のない犬も100m毎くらいに居た。ここに来る前、日本で狂犬病の予防接種をしたのを思い出す。

傷ついた犬と並んで歩道に座り込み、小さな入れ物を横に置き、隣の犬の様な傷付き方をした人が居た。物乞いだ。

その時生まれて初めて物乞いをする人を見た。お金をもらおうと差し出す手には指が無かった。


インドは人が多かった。車も車線がぐちゃぐちゃで、片側だけで4~5列くらいになっていた。その状況だけでも混乱しそうなのに、車はビュンビュン飛ばし、クラクションが絶えず反響していた。辺りに横断歩道や歩道橋らしきものは1つも無かった。代わりに歩行者はみんな、自分の渡りたい場所で器用に車を避けながら道を渡った。次の車を待っていたら、次いつ渡れるか分からない。そんな状況だった。

途中、赤信号で私達の車が止まった。外から窓をコンコンと叩く音が聞こえた。物乞いだ。外国人は自分達よりお金持ちなのでターゲットにされやすいらしい。

みんなの読んで良かった!