三十路過ぎ女、もやしからのラブレター

1 / 9 ページ

彼が居なければ今の私は居ない。

そう言いきれる程私が33年間生きてきて

人生の中で最も重要な人物と彼は言えるだろう。

かなり長くなりますが、飽きずに最後までお付き合い頂ければ幸いです。

私と彼が出会ったのは中学生の時だ。

彼とはクラスが違っていたが、

部活動が一緒だったので友達になった。

私は中学時代、クラスでハミゴにされたり廊下を歩くと「きっしょっ」と言われ休憩時間はトイレで泣いたりし、友達という友達はほぼ居なかった。

そんな中学生活だったが部活の時間だけはハミゴにされず唯一楽しく自分自身で居れる場所であった。

私が入っていた部活は卓球部であり私の学年は男女合わせて7(一人途中で辞めてしまったので最後は6人となったが)と少人数だった。

上手い下手はおいておいて、1人は途中で辞めてしまうが、一緒に皆で遊びに行ったりと私達は仲良く過ごせていたと私は思っている。

そんな小さな空間の中で私も彼も別々の人に恋をする。

私は同じクラスのA君に。

彼は途中で部活を辞めてしまったBちゃんに。

そして、2人は卒業式の後にそれぞれの相手に自分の想いを告白しに行く事になった。

私が告白する時には彼と私の仲が良かった友達Cちゃん(小学校の友達で中学は別々になった。)が着いてきてくれた。

彼が告白する時には逆に私とCちゃんが着いて行った。

先に言ってしまえば2人共振られてしまうのだが、実際のやりとりを詳しく書いていこうと思う。

【私の告白】

振られる事は分かっていたが取りあえず自分の想いを届けようとA君に告白しに行く事に。

まずはA君の家の近くまで2人に付いてきてもらい、一人で彼の家のチャイムを押し、出てきてくれた彼に「好きです。」

みんなの読んで良かった!