高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その7:閑話休題】

1 / 3 ページ

前編: 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その6:中学4年生(第2回目)】



今日をもちまして、以前記述したスペインのセンターの日程が全部終了しました。

3年間のスペイン生活の集大成になかなかふさわしい出来になったのでは無いかと思います。

あまりのスペイン語の分からなさ&馬鹿さに、クラスのダウン症の子が使っているものと同じ特別教材を渡されたのが3年前。

それから自分なりに切磋琢磨して、最終的には100人中30位くらいの成績で卒業し、大学入試も終えれたのですからなかなか大したものでは無いでしょうか。

ぜひ褒めてください。むしろ罵ってください。あんっ。

 

さてそういうことでして、やっと自由の身になりましたので、さっそく今日(木)から月曜日まで予定を詰め込みました。

さあ日本に帰るまでに私の肝臓はどこまで真っ黒になるでしょうか。

去年の夏も同じように肝臓真っ黒チキチキレースを日本に帰省する前一週間で実施しまして、最後らへんは正露丸と太田胃酸が手放せない体になっていました。

命を削りながら人生楽しんでおります。Viva la Vida!

 

そういえば余談ではあるのですが、今回の入試、実は一回験票を無くしました

私皆さんの期待を裏切りません。

こっちだと銀行の受験料振込用紙控えが受験票の代わりでして、いやまああんな薄っぺらい紙よく皆取っておけるなぁと私逆に感心します。

受験の数日前からなんか最近あの紙見ないな~とは思っていたのですが、その薄っぺらさ故かそんなに大事なものに思えずに、まあ無くても大丈夫でしょと高を括っておりまして。

しかし友達に「そういえばあの紙無くしたんだよね~(笑)」と受験2日前になんとなく伝えたところ、「お前終わったな…」ともの凄い顔で言われ、初めて事の重大さに気がついた次第です。

前述のとおり受験票は銀行の紙ですので、学校の事務所に行っても意味は無い。

しかも受験まであと2日。時間が無い。無さ過ぎる。

なんということでしょう、わたくし受験前日に銀行に行って控えの再発行を頼んでみて、もし無理なら受験すっぽかしコース、という危機に追い込まれてしまいました。

お母さんに伝えてみたらものっくそ怒られました。当たり前です。

 

なので受験前日、銀行が開く前から店舗の前で待機。

みんなの読んで良かった!