➀田舎の工業高校生が株式公開を目指し七転八倒、んで失敗する物語。

1 / 30 ページ

●秋 アディダスバッグ

 

「でっけーな・・・・」

オレは思わず呟いた。煙草を吸っていた手が止まる。

新幹線の車窓。左手に大きく富士山が見えていた。

富士山を見るのは生まれて初めてだった。

北陸の片田舎、石川県の小松駅から北陸本線で米原。米原から東海道新幹線に乗った。

ずり下がったジーパンにUS・NAVYとプリントされたシャツ。気取ってレイバンもどきのサングラスをかけていた。

足元にはアディダスの黒のエナメルバッグ。皆が欲しがった憧れのバッグだ。

手には矢沢永吉の「成りあがり」の文庫本。

この本がオレのバイブルだった。

オレの人生を決めた本だ。

欝々とした田舎の工業高校3年生。その欝々とした毎日に、一本の光を当てたのがこの本だった。

この本には、オレの未来が書いてあると思った。

 

バンドでドラムを叩いていた。

 

「成りあがり」

こいつを読んだからここにいた。

雄大な富士山。

東京行きの新幹線。

オレもこっから成りあがってやる!

 

車内アナウンスが「横浜」を告げた。

今のオレと同じように、東京を目指した矢沢が、思わずここで降りたのかと思った。

わかるような気がする。

「横浜」という響きには、どうにも甘い響きがある。

たぶん、関東の人間にはわからないと思う。

西の田舎の人間には「横浜」という響きに、都会で、お洒落で・・・そしてキケンな匂いを感じる。

「横浜」

とんでもなく魅力的な響きだった。

 

矢沢ヨロシクで横浜で降りるわけにもいかず、終点、目的地の東京駅で降りた。

改札上の大きな路線図を見上げた。行先を確認する。

 

電車を乗り継いで「北府中」で降りた。

駅のトイレ。個室に入って学生服に着替えた。

煙草とライター、どうするか迷った。

・・・・・トイレに置いて出る。

 

歩いて訪問先に向かう。

ニュース映像で見た府中刑務所の壁・・・・ここが3億円事件の現場か・・・・。

みんなの読んで良かった!