種ナシくん~俺の精子を返せ!~

1 / 30 ページ

第一章 「乏精子症」(種ナシ)発覚! 

「下半身労働基準法違反男」、せっせと避妊 

 30歳を目前に、ベンチャー系の不動産企業で働くボクは、「一刻も早く結婚して、子どもを持ちたい!」という気持ちを日増しに強くしていた。


「幸せな家庭」という、きっと誰もが考える、いたって普通の夢。しかし、まだ20代でそれに「執着」と言えるほどの強い思いを抱いている人は、どれだけいるだろう? ボクの場合は、生まれ育ちが大きく影響して、いつしか人生最大の目標になっていた。

 

 誰よりも温かい家庭に憧れ、できるだけ多くの子どもがほしいと願ってきたボクが、よりによって“タネなし”なんて――。目の前が真っ暗になった非情な宣告と、悪戦苦闘の日々。そして、ついに自分の命より大切な娘を授かるまでの道のりを振り返りたい。

 

-----------------------------------------

 

 まずはボクが「幸せな家庭」を追い求めるようになった理由を話そう。

お恥ずかしい話、父は前科持ちだった。いつも酒に酔ってはクダを巻き、酒・オンナ・ギャンブルに溺れ、記憶に残っているのはだらしない姿ばかり。嫌なことがあればすぐに酒に逃げ、酔えば暴力的になって、警察沙汰も一度や二度ではなかった。

 母親も母親で放蕩癖があり、次から次へと金銭トラブルを引き起こす始末。保険外交員として働いていたときには、顧客から預かった保険料を横領し、一時的に逃亡までした。その後の事務処理をこなし、保険会社の幹部や被害者の方々に頭を下げてまわったのは、まだ中学生のボクだったのだ。

 

 母は機嫌が悪いとき、よく金切り声でボクにこう言い放った。

 

「アンタは好きで生まれてきた子どもじゃないから!」

 

 このように自分の存在自体を否定する親が、狭い家のなかで日々、凄まじい夫婦ゲンカを繰り広げる。ボクはいつもその狭間で打ち震え、涙を流していた。痛みを分かち合う兄弟もいなかったため、その絶望感、孤独感は耐え難いものがあり、いまでもフラッシュバックに苦しむことがあるほどだ。それはもう、死にたくなるほどヒドい家庭だった。

 

そのためいつしか、

 

「いつか自分が築く家庭は、今と180度違うものにするんだ!」

みんなの読んで良かった!