②田舎の工業高校生が株式公開を目指し七転八倒、んで失敗する物語。

1 / 14 ページ

●1987年 反撃

 

冬。深夜1時。

オレは深夜の地下鉄、新路線の駅の工事現場にいた。

 

通路内の照明、コンセントといった電気工事をやっていた。

夜が明ければ建築屋がドカドカとヒトを入れて天井の工事が始まる。

その前に配線を終わらせなきゃなんない。・・・・・そうでないと配線しないままで天井を塞がれることになる。

 

朝になればウチの社員2人もやってくる。

・・・・社員っても、2人とも20歳そこそこ。ひとりは高校中退、ひとりは中卒。まだアルバイト気分ってふたりだ。

社員とはいえ、徹夜をさせるわけにはいかない。夜は帰していた。

情という部分じゃなかった。

無理をさせれば必ず無断欠勤といったツケがまわってくる。それなら、無理をさせないで毎日来てもらったほうがありがたい。

 

「電気屋」と呼ばれる電気工事の職人の世界だった。

ヘルメットをかぶり、腰には、ペンチ、ドライバー、ハンマー、プライヤーといった道具がぶら下がっている。

総量10kgにもなる。

それをつけて1日働く。

高校卒業して就職する時には、絶対に就きたくないと思った世界だった。

気づけば、その一番なりたくない職業に就いていた。

・・・いや、意思を持って就いていた。

 

誰ひとりいない駅の構内で、オレはひとり作業をしていた。

真冬の深夜。気温は零下にまで下がる。手足の先が芯まで冷えた。

風呂に入っていないために無精髭が伸びていた。

寝泊まりは現場事務所だった。

 

自分の会社を興していた。

 

叔母に手紙を書いた。

そこに自分の将来設計を書いた。

 

「自分で会社を興してやる!」が夢だった。・・・・それどころか「上場記録を塗り替える!」と豪語していた。

しかし、そんなことが簡単にできるはずがない。就職した。そして辞めた。

辞めた後には就職難が待っていた。

いや、仕事を選ばなければ就職はあった。

しかし、資格も何もない、ただの高卒の男に、夢や希望の持てる仕事はなかった。

 

「自分で会社を興してやる!」

を実現させる気でいた。・・・・いや、もう、それしかなかった。

 

みんなの読んで良かった!