キャプテンごめんなさい

1 / 3 ページ

これは僕が中学1年、冬の出来事、ほんの出来心。


バレー部の練習でロードという、いわゆるランニングをしていたときのことです。

中学校を出て、住宅地を抜けながら学校の周りを走る全長2.5kmのランニング。

当時のダメ部員、やる気のない2人組の僕とヤンマー本くんは2.5kmをほぼ(喋りながら)歩いていた。

残り500m、最後の坂(心臓破りの坂)手前に差し掛かったとき、前方から顔を真っ赤にした(猛り狂った)先輩キャプテンが坂を駆け下りてくる。



たった2.5kmなのに30分たっても帰ってこない。

しびれを切らしたキャプテンは、我々を迎え(怒鳴り飛ばし)に飛んできた。



「何やってんだお前らーーー!」



あまりの迫力に、つい僕は「足を挫きました」と嘘をついてしまい、左足を引きずり始めた。今から思うと「中学生日記」バリの大根演技。

相棒のヤンマー本くんも「俺は心配で一緒に付き添っていました」と劇団ひまわりバリの演技で乗ってくる。

日頃から「閻魔上等」を口癖にしているので、我々の口からは湯水のごとく嘘が出るんです。


ほんとに人のいいキャプテンは我らを疑ったことを悔い、後輩の怪我、キャプテンとしての対応などなど、軽く錯乱状態に陥り、一瞬真っ赤な顔が青ざめたかと思うと、また真っ赤になって、


「だ、だ、…大丈夫か? あ、あ、歩けるか?」


と半べそで尋ねてくる(ほんとにいい人)。


僕 「(けろりと)はい、歩けます」

と言った言葉を聞きもせずに、キャプテンはしゃがみこんで僕に背中を向ける。



キャプテン 「おんぶするから乗れ!」



…って乗れませんよ。だって嘘だもん…



僕 「い、いいです、あ、歩けま…」

キャプテン 「(くいぎみに)いいから乗れ!」


あまりの剣幕にビビり、逃げ口上がでない…怖いよ


ヤンマー本くん 「乗ってけよ、無理すんなよ」

と僕をキャプテンの背中に誘う(この野郎は調子いい)



よろけて背中に乗ってしまうと、キャプテンは猛ダッシュで心臓破りの坂を駆け上がり、登りきった後に待ち受ける30段の階段を1段飛ばしで駆け上がり、校門に突っ込む。


校門前で待機していた他のバレー部員、下校途中の生徒諸君、近所の鈴木さん(町内会のドブ掃除だけは張り切る人)が僕らに注目している。


僕 「あ、ありがとうご…???」


スピードが落ちない。手綱でもあれば「どう、どう」と抑えたいところだ。

ポカンとしているバレー部員達の前を通り過ぎて、そのまま(の勢いで)校舎に直行。



向かった先は…

みんなの読んで良かった!