オス化女子つるぞの【2】体重45キロ、女を捨てた私が恋をしたら、デブと言われちゃいました!?

1 / 4 ページ

前編: オス化女子つるぞの【1】うちの親父はフ~ジコちゃ~んが嫌い!?~私がオンナを捨てた理由~
後編: オス化女子つるぞの【3】自分の「オンナ」をさらに嫌ったら、ドMな恋愛にハマってしまいました!?

峰不二子が大嫌い、という親父に愛されたいがために、自分の中のオンナを嫌い


結果、「オトコの人生」を歩むこととなった、お父さん子の私・・・



あ、「オトコの人生」を、と言っても、性転換したわけじゃないですよ。


自分の感情や欲望に正直で、グラマラスで、お色気たっぷりで、オンナを武器に、男性に自分の望みを叶えさせる、不二子ちゃんとは対照的に


理性で自分をコントロールし、ワガママも弱音も禁止し、女っぽさも封印して、誰の手も借りず、すべて自分の力で達成する


ある意味、「男前な生き方」を、するようになったということです。



さて、オンナを捨てて頑張った甲斐あって、私は、オトコ顔負けの経歴を手に入れました。


  京都大学 法学部 現役合格


どんだけ頑張ってんって感じでしょw



「これだから女は・・・」と、親父や世の中から言われないように頑張ったら、こんなところまで来てしまったんですね。


学歴だけで言えば、日本の男性の大半を、打ち負かしたわけです(笑)


正直嬉しかったです。



それくらい見返してやりたかった、コテンパンにしてやりたかった


「これだから、女は・・・」とか


「男に生まれてくればよかったのにね・・・」とか


「女のくせに・・・」とか


女を好き勝手に言っている世の男たちを。



ある意味、ものすごく恨んでいたんですね、男性を。


そして、それはつまり、それくらい

みんなの読んで良かった!