オス化女子つるぞの【3】自分の「オンナ」をさらに嫌ったら、ドMな恋愛にハマってしまいました!?

1 / 4 ページ

前編: オス化女子つるぞの【2】体重45キロ、女を捨てた私が恋をしたら、デブと言われちゃいました!?
後編: オス化女子つるぞの【4】愛という窮屈を抱きしめたら、ちょっとだけ成長しちゃいました?

二人の男性から立てつづけに、「キミは重たすぎる」と振られ


「よし、この次は、もっと頑張って我慢するぞ!」


と決意したワタクシ、つるぞの。



そんな私が、次に恋に落ちた相手は・・・


  サッカーの中田ヒデさん似の超ステキ男子


頭がよくて、スポーツもできて、しっかりと自分も持っていて、強くて、頼もしくて、とにかく、男らしいのです(☆゚∀゚)



でも、「男らしい」というのは、つまり、男性性が強い


もっと言えば、超自立人間、ということだったんですね。



決して弱音は吐かず、ワガママも言わず、感情をあらわにすることもほとんどなく、強い理性で自分を律するタイプ。


問題が出てきても、他人に頼ることはせず、すべて自分で解決しようとする。

(ほんでまた能力があるので、大抵ひとりで、解決しちゃうんですわ・・・^^;)


ストイックで、自信家でもありました。



「自分に禁止していることを、他人がしているのを見ると腹が立つ」


なんて、心理学ではよく言われることですが、カレもまた、弱音を吐いたりワガママを言うことを、自分に禁止しているぶん、私が弱音を吐いたり、ワガママを言ったりするのも嫌う雰囲気が、付き合う前から漂っていました。



付き合ってみたら、ある程度は、カレが大人になって、私の弱音やワガママを受け止めてくれることもありましたが、それでも、一定限度を超えると


「悪いけど、それは無理だから」


と、とてつもなく冷たい態度で突き放されて、とりつくシマもありません(TДT)



そして、さらにしつこく駄々をこねたなら、おそらく(怖すぎて、実際にしたことはありませんが・・・)、あの中田ヒデさん似のコワモテで(ヒデさん、顔怖いですよね、男前やけど・・・)


「いいかげんにせんと、オレもキレるぞっっ!」

みんなの読んで良かった!