オス化女子つるぞの【18】つるぞの、「二足歩行」をやめる???

1 / 3 ページ

前話: オス化女子つるぞの【17】ようやく自覚・・・どうやら私はヤバいらしい!?
次話: オス化女子つるぞの【19】サクっと、無責任に・・・が良いようです!?

自分ひとりで心理学の本を読みあさるだけでは、にっちもさっちもいかなくなって


とうとう、心理カウンセリングのスクールに通うようになった私、つるぞの。



そんな私が、最初に耳にしたアドバイスは、吐き気と怒りを感じてしまうくらい、当時の私にとっては、「バカげた」ものでした。


そのアドバイスとは・・・


  「自立を手放しましょう☆」


でした。



初めてスクールの講座に参加したときに、耳にした言葉


そして、その後もワークショップや講座に参加するたびに、くりかえし耳に飛び込んできた言葉が、これでした。



自立というのは、人を頼らず自力で頑張ること。


その自立を「手放しましょう」ということは、つまり


自分でなんとかしようとしないで、もっと周りの人を頼りましょう、頑張るのをやめましょう


といったところでしょうか。



さて、世の頑張り屋のみなさん


この言葉を聞いて、どう思われたでしょうか?



今でこそ、私は心理カウンセラーとして


当たり前のように、このアドバイスをたびたび口にしていますが


当時の私にとっては、人生の基盤が根底から崩れ去るくらい、ありえない言葉でした。



小さいころからずっと


「自分のことは自分で」


「人を頼らず、自力で頑張れ」


と、両親や学校の先生、そして職場の先輩や上司から、言われてきたんです。



また、こうも言われてきました


「幸せになるには、成功するには、努力が必要」


「努力もしないで人をアテにして幸せになろうなんて、ろくでもない人間の考え方」


「ラクして幸せになろうなんて、ずるいことばかり考えてても、結局バチが当たって、幸せになれない」


自立すること、頑張ること、それが、美徳であり、立派な大人になるということ


そしてそれが、幸せになる秘訣、成功の秘訣


生まれて30数年、そう信じて疑わなかった私です。



その私がここへきて、「自立を手放しましょう」なんて言われたわけです。


「アホぬかせ~~~!!」


今まで、立派な大人になるために、なんでも自力でこなせるように、一生懸命がんばってきたねん!


それを今になって、やめろってか!?


じゃあ、今までの私の、血反吐を吐くような努力は、なんやったんや!?


無駄やったんか!?


ぜんぶ間違いやったんか!?



ハイハイの赤ちゃんが一生懸命がんばって、二本足で立って歩けるようになったのに

(まさに、「自立」ですね。)


「二足歩行をやめて、またハイハイに戻ってください」


って言われてるようなもんやんか!?


私にまた、無力で無知な赤ちゃんに戻れって言うんか!?


私の頭は、すっかり混乱してしまいました。



自立を手放したとして、じゃあ、そんな私を、いったい誰が助けてくれるねん!?


誰が守ってくれるねん!?


今までだって、私が困ったときやしんどくなったとき、誰も助けてくれへんかったやんか!?


親からは「甘えるな」って突き放されるし、歴代の彼氏からは「キミは重たすぎる」って捨てられるし・・・



自分を助けられるんは、結局、自分自身だけやったわ!


だから私、今までひとりで、頑張ってきたんやんか!?



そんな悲しみを含んだ怒りさえ、出てきましたね。


「自力で頑張ってナンボの人生」を歩んできた私なんです。


その私に、「自立を手放しましょう」って言うくらいなら、いっそ


「人間やめろ」


って、言うてくれっっ!!



そう言いたくなるくらい、受け容れがたい言葉でした。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。