オス化女子つるぞの【19】サクっと、無責任に・・・が良いようです!?

1 / 3 ページ

前編: オス化女子つるぞの【18】つるぞの、「二足歩行」をやめる???
後編: オス化女子つるぞの【20】大人の女性になるには”ちち”離れが必要なのです(前編)

前回のお話は、私自身が感じていた「自立の裏の痛み」について、たくさん触れていたので


同じ自立女性のみなさんには、「アイタタタ・・・」な内容だったかもしれませんね。



そうなんです、痛いんです!


いっぱい寂しい思いをして、いっぱい悔しい思いもして、絶望も感じて、諦めも感じて


もうこれ以上、こういった感情を感じるのは痛すぎるから、それらを感じないために自立したのに


ここへきて


「自立を手放しなさい」


なんて言われたら、自立することで感じずにすんできた痛い感情たちと、向き合わないといけなくなりますからね。



ホントに、アイタタタ・・・(><)なのです。



でも、癒やしていこうと思ったら、痛すぎて見ないようにしてきたいろんな感情と、いちどは向き合う必要があります。


押し入れの中を綺麗に片づけたいとき、中に入っている物を出さないまま掃除や整理整頓って、できないですよね。


いちどは、中に入っている物を全部出して


「これは要らない物だから、処分。


これはまだ使えるから、置いておく」


というように、ひとつひとつ見ていく必要があります。



私たちの心も同じなんです。


心を綺麗に癒やしていこうと思ったら、今まで見ないようにしてきた感情を取りだして、ひとつひとつ見ていくことが大切です。


そして感情というものは、見たくないからといって、心という押し入れに閉じ込めたままにしていると


全く片付かないまま、癒やされないまま、積み上がって、ちらかっていきます。



でも、きちんと向き合って、じっくり感じてあげると、やがて別の感情に変化していったり、昇華されて消えていったりするんです。


飴を口の中でじっくり味わっていると、そのうち溶けて消えていくような感じでしょうか。


最初は痛かったり辛かったりしても、向き合って、じっくり感じていくうちに、癒やされていくんですね。



でも・・・


そうは言っても、痛いっ!辛すぎるっ!!


なんて思うこと、私にも多々ありました。



このあとのお話でも、私が向き合ってきた様々な課題が出てきますが、どれも痛かったです(泣)


「え~、そんなに痛くて辛いんだったら、幸せを手に入れる前に心が折れて、挫折しちゃいそう・・・」


って、思っちゃいますよね。



でも、大丈夫☆


挫折せずに乗り越えるための秘訣が、じつはあるんです。


今日は、その秘訣について、お話しいたします。



だって


「読んでるだけで、こんなに痛いんだったら・・・」


と、読者のみなさんに、このシリーズを読むこと自体挫折されると、私、悲しいですからね^^;



その秘訣を知ったのは、心理カウンセリングのスクールに通いはじめて半年ほど経ったころに参加した、或る講座でのことでした。


  大きいコミットメント・小さいコミットメント


という話を聞いたんです。


コミットメントというのは、「誓約、関与、委託」などといった意味を持つ英語ですが

ここでの意味をざっくり言うなら


  「責任をもって誓約すること」


という感じでしょうか。



私の感覚でいうなら


  「腹をくくって、きっぱり言い切ること」


という感じです。



自分が手に入れたい幸せ、向かいたい人生のゴールについて、はっきり、きっぱり、言葉にしちゃうんです。


たぶん、これをしていたからこそ、途中で痛すぎることや辛すぎることがあっても、私は挫折せずに、問題を乗り越えることができたんだと、思っています。



さて、このコミットメントですが、大と小の両方をしておくと、より効果的なのだそうです☆


「大きいコミットメント」というのは、長期的な目標についての誓約。


そして、その長期的な目標にたどりつくために通ることが必要と思われる


中継地的というか、短期的な目標についての誓約が、「小さいコミットメント」。



つまり、ど~んと大きな目標を設定して、そこと今の自分をつなげる「架け橋」として、小さな目標を設定する、というイメージになります。


このときの講座では、受講生それぞれが、大きいコミットメントと小さいコミットメントを決めて、みんなの前で発表するということをしました。


で、そのときに、私が発表したのは・・・


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。