オス化女子つるぞの【21】大人の女性になるには”ちち”離れが必要なのです(後編)

1 / 7 ページ

前編: オス化女子つるぞの【20】大人の女性になるには”ちち”離れが必要なのです(前編)
後編: オス化女子つるぞの【22】これって恋なの? & 仕事と恋愛・家庭の両立ってムリなの?

父親との癒着を手放すという課題を前に、ワ~!ギャ~!ピ~!!の阿鼻叫喚状態から脱け出せなくなった私、つるぞの。


今回は、私の、”ちち”離れまでの険しい道のりのお話の、後編です。



ここへ来て、あらたな男性の登場です☆


彼は、私の”ちち”離れのキーパーソンとも言うべき、重要な役割を担ってくれました。


その彼とは・・・


1歳上のバツイチ独身男性。


彼女なし。


当時、彼は、私が通っていたカウンセリングのスクールの中級コース生でした。


他方、私は、そのスクールのヒーリングワークに2度ほど参加したのちに、初級コースに入りました。


当時の私は、カウンセラーになる気なんて、全くありませんでした。


でも、コースに入れば、カリキュラムにヒーリングワーク8回分が含まれ


コース料金をその回数で割ると、ヒーリングワーク1回あたりにかかる金額は


単発でヒーリングワークに参加するよりも安くつく計算だったので、入っちゃいましたw



初級コースに入ると、ファシリテーターという人が付きます。


ファシリテーターというのは


初級コース生がコースカリキュラムをこなしていくなかで


困ったことや、分からないことが出てきたときなどに


相談や質問を受けてくれたり


初級さんが提出する受講レポートを受け取り、これに対してコメントやアドバイスをくれたりする人です。



まだまだ”癒やしの旅”に慣れない初級さんに寄り添い、そして見守り、ときには道案内をしてくれる

みんなの読んで良かった!