④田舎の工業高校生が株式公開を目指し七転八倒、んで失敗する物語。

1 / 17 ページ

●弊社の課題

 

アタッカーズビジネススクールに通っていた。

そのおかげで、自分の会社の欠点も明るみになっていく。理論的に解明されていく。

 

要は、ウチの最大の欠点は「価格決定権」のなさにあった。

これは、下請け建築業という構造的な問題だ。ウチは自分たちに商品があって「売る」という立場ではない。

すでに決定されている工事。すでに価格が決定されている工事を奪い合う、上から流されてきた仕事をこなすでしかない立場だ。価格を論じることなどできるはずがない。

・・・・・言われたとおりに黙って値下げを飲むしかない立場だ・・・・。

 

これを打破するには、

 

◎自分たちの独自の商品を持って価格の決定権を持つ。

◎エンドユーザーと直接ビジネスをして価格の決定権を持つ。

 

しかない。

漠然と考えていた、自分の進む道が見えてきていた。

そして、進む方向や、方法論もみえてきていた。

 

答えは

「やれる!」

だった。

徒手空拳で、ここまでの会社を作ってきた。

次はエンドユーザーと直接繋がるビジネスをする。

そして、上場企業をつくってやる!

 

 

●1998年末 GT-R

 

私は日産のディーラーにいた。

開店時間前。店内の照明もまだ疎ら。人もまだいない。

いるのは、私と、日産ディーラーのウチの担当者だけ。

 

今度こそGT-Rを買うと決めた。

ギラギラしていた頃の自分にもどすための道具だ。

 

前に32GT-Rを買おうとしたことがある。

いや、買うと決めていた。

・・・・けっきょく買わなかった。

 

GT-Rの試乗を頼んだ。

「もうすぐ、新しいのが出ますよ」

みんなの読んで良かった!