【第1話】ガリ勉メガネ女子が大学デビューするまで 英語が話せない崖っぷちOLがTOEIC満点取得し起業するまで

前話: 【第0話】英語が話せない崖っぷちOLがTOEIC満点取得し起業するまで

TOEIC満点の私が七転八倒しながら

英語をマスターしたストーリーの第1話です。



私は千葉県で生まれ、兵庫県で育ちました。



昔からちょっと変わっていて、

リカちゃん人形より昆虫やゲゲゲの鬼太郎の妖怪が好き、

ケンカして男の子を泣かせるという子どもでした。



小学校に上がると、転校を機に

そんな性格は内気で大人しくなりました。。



英語を始めたのは中学校での義務教育です。


英語の先生が美人&発音がすごくきれいで、

「こんな風に英語しゃべれたらかっこいいだろうなー」

憧れたのが最初です。


その先生の教え方がわかりやすかったのもあり、

英語は得意科目、得点源になっていきました。



高校は地元の進学校に通いました。

センター試験でも英語は9割をマーク。

ところが、センター試験で緊張のあまり

必要な国語IIではなく国語Iを解くという

痛恨のミスを犯しました・・・



しかし、二次試験で苦手だった数学のヤマをあてて挽回、

なんとか国公立大学に合格し、

大学デビューを果たすことになります。



大学では雑誌を見ながら慣れない化粧やファッションに奮闘、

兵庫県の片田舎から片道90分かけて通学していました。



語学の英語はオールA(優)でした。

専門の授業ではきちんと単位をとり、

ゼミ活動ではみんなで論文を書くなど、力を入れていました。



そんな私が初の挫折を味わうのが海外研修です。


第2話に続きます。

著者の井ノ上 ゆきさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。