オス化女子つるぞの【23】2005年のサンタさんはベランダから窓ガラスを破って入ってきました?

1 / 2 ページ

前話: オス化女子つるぞの【22】これって恋なの? & 仕事と恋愛・家庭の両立ってムリなの?
次話: オス化女子つるぞの【24】ミラクルの数珠つなぎで私の理性は崩壊しました!?

忘れもしない、2005年12月21日の夜


クリスマスイブには3日早かったのですが、我が家にサンタさんがやってきました。



そのサンタさんは、私が一生忘れられないくらいの、とても強烈なプレゼントを持ってきてくれたのです。


今回からは、そんなお話・・・☆


あの「ヤドカリ事件」(第11話)を超えるミラクルが、私の身に起こりますw



その日、私は夕方から、カウンセリングスクールの講座に出ていました。


当時の私は、相変わらず、ファシリテーターさんとの癒着、そして父との癒着を、手放せずに苦しんでいました。


だから、講座でも、そのことを半泣きで、トレーナーに相談したことを憶えています。


そんな状態でしたから、その帰り道も、心はどんより沈んでいました。


講座が終わったのは、夜9時ごろ。


電車に乗り、夜10時ごろに自宅近くの駅に着き、自宅までの道のりをトボトボ歩いていたら、私の携帯電話が鳴りました。


「あんた!今どこにおるんやっっ!?」


離れて暮らす、母の声でした。



「あんたに連絡がつかへんからって、マンションの管理会社から、うちに連絡があったんやでっ!!」


母から、管理会社の伝言を聞いた瞬間、頭の中は真っ白、心臓はバクバク鳴りだしました。


それまでの落ち込みはどこへやら、全速力で自宅マンションへと走ったのです。



母から聞かされた、管理会社の伝言は


「どうやら、自宅マンションに、どろぼうが入ったらしい」


というものでした。



「なんで?」


「なんで?」


「なんで?」


という言葉が、何度も何度も、心の中で繰り返されていました。



自分の身に降りかかったらしい出来事に、天を呪うような、神様を責めるような、そんな気持ちが噴き出してきて、目に涙を溜めながら、走りました。


こんなにひどく落ち込んでいるときに、まさに「泣きっ面に蜂」ですやん。



そして、マンションのエントランスに駆け込み、エレベーターに乗り、6階で降りると、すでに廊下には、数人のお巡りさんが。


息を切らして、エレベーターから3軒先の自宅へ。


お隣さん宅を通り過ぎたとき、そこの窓の格子が、外枠ごと外された状態なのが、視界に入りました。



そして、我が家に到着。


お巡りさんが、簡単に事情を説明してくれ


「中を見させてもらっていいですか?」


と言いました。



ドアはすでに、鍵が開いていました。


ドアを開けて、お巡りさんと一緒に中へ。


玄関からキッチンに続く廊下は、特に変わった様子はなく、一瞬


「うちは、なんの被害もなかったのかも」


と、淡い期待を抱いたのですが・・・


司法書士事務所として使用していた、右手の洋室に入った瞬間、その期待は無残に打ち砕かれてしまいました。


本棚代わりのクローゼットも、デスクの引き出しも、かたっぱしから開けられて、書類が散乱していたのです。


そして、奥の和室へ行くと、さらにひどい状態でした。


そこも、扉という扉、引き出しという引き出しがすべて開けられ、中身がひっぱりだされて、畳のうえ一面に、散乱していたのです。


そして、ベランダ側の窓ガラスは一部割られ、ガラスの破片が、畳のうえに散乱していました。


ベランダを見ると、お隣さんとのあいだの仕切り板も、破られていました。


どうやら、どろぼうは、お隣さん宅の共用廊下側の窓の格子を外し、そこから侵入し、お隣さん宅を荒らしたあと


ベランダに出て仕切り板を破り、うちのベランダに入って、そして窓ガラスを割り


あいた穴から手を入れて鍵を開け、我が家に侵入したようです。


で、最後は、我が家の玄関のドアから、お帰りになられたのでしょう。



室内の惨状を目の当たりにして私は、その場に立った状態で、腰からがっくり折れてしまいました。


お巡りさんやら鑑識さんやら、周りに人がたくさんいるなかで、超自立のこの私が半べそをかいてしまうくらいの、大きな大きなダメージでした。


ただでさえ、精神的に良い具合に(笑)弱っているところへ、完全にトドメを刺された気がしました。


そばで見ていたお巡りさんは、私をいたわるような優しい声で


「ショックを受けられているところ、申し訳ないのですが、なくなっているものはないか、確認してもらえますか?」


と言いました。



一生懸命、冷静さを取り戻そうとしながら、部屋中を見てまわります。


著者の鶴園 ミアさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。