オス化女子つるぞの【33】”オッサンの着ぐるみ”姿でセッ○スはしづらいのです!?

1 / 2 ページ

前編: オス化女子つるぞの【32】”オッサンの着ぐるみ”と”童顔のパンチパーマ”は同じだったのです!?
後編: オス化女子つるぞの【34】毒吐き女神、降臨っっ!?

2006年2月のヒーリングワークで、フォーカスパーソンに当たり


心にひっかかっていた、兄貴との問題を癒やしてもらい


そして、これまでずっと癒着していた、ファシリテーターさんのことも


この後の3月ごろに手放すことができて(28話)


あとは、相方との結婚に向けて、まっしぐらっっ!!なはずだったのですが・・・



28話の最後に、「でも、もうすでに次の山が・・・」と書きましたが、その「次の山」というのは


「”オッサンの着ぐるみ”を脱ぐこと」


だったのです。



ありのままの自分には、愛される価値なんてないんだと誤解し


そんな愛される価値のない私が、弱いまんまでいても、甘えても、誰からも愛されない


それどころか、周りから攻撃される


と思い込み、私は、周りから攻撃されないために、そして、周りから愛されるために


自分の中の弱さも甘えも抑圧し、何でも自力でできる私、強い私、完ぺきな私を、演じてきました。



弱さや甘えを隠すため、そして、自分を完ぺきに見せるために、私が着たもの、それが、”屈強なオッサンの着ぐるみ”でした。


着ぐるみというのは喩えであって、現実に着ていたわけではないんですが、もうねえ、ホンマに、考え方も行動も、”屈強なオッサン”と化してましたね^^;


もちろん、ときには、弱気になっちゃう自分、甘えたくなる自分が、むくむくと頭をもたげるんですが、それを誰にも見られたくなくて

(相方にすら、です。)


「こらっ!押し入れの奥に、おとなしく隠れてなさいっっ!!」


って抑え込むか、誰もいないところに逃げ込んでこっそり出すか、どっちかでしたね。



その昔は、外ではオッサン化していましたが、彼氏の前では、着ぐるみを脱いでたんです。


ずっと着てるのって、やっぱり疲れますからね。


でも、着ぐるみを脱いだら、それまでの反動と、それから、「ありのままの私は、愛される価値がない」という無価値感から来る


「いつかこの人も、私のことを嫌いになっちゃうんじゃないか?」


という強い怖れや不安のせいもあって、それはもう、とんでもなく寂しがって甘えて、束縛したがったので、歴代の彼氏はみな、応じきれなくなって、去っていきました。



みんなで示し合わせたかのように、どの彼氏も同じように


  「キミは重たすぎる」


と言う趣旨の言葉を残して。



そんな経験から


「弱さや甘えを見せれば、パートナーにすら嫌われるんだ」


と思った私は、内でも外でも、”オッサンの着ぐるみ”を着るようになりました。



あんまりずっと着つづけたもので、もう、この着ぐるみが自分の身体そのものだと、思うようにすらなってましたねw


もともと私は、強いんだって。


オッサンキャラが、本来の私なんだって。


いや、キャラではなく、もはやオッサンそのものなんだってw


か弱い女性?


そんなの、私じゃないって。



そんなふうに思うようになっていましたから、つまり、着ぐるみを着ぐるみだと思わなくなっていましたから、これを脱ぐなんてことは、考えもしませんでした。


だって、これが私の身体なんですもの。


これが、本来の私なんですもの。


脱ぐって一体・・・?


って感じです^^;



でも、相方と本当の意味で結婚するためにも


相方と、ラブラブで幸せな夫婦になるためにも


セックスレスを乗り越えるためにも


そして、私自身、ラクに、幸せに生きられて、そして周りから愛されるためにも


この”オッサンの着ぐるみ”は、脱ぐ必要があったのです。



それはなぜなのか?


今回は、そのあたりのお話です☆



例えば・・・


貴女が、ご自分の体型に全く自信が持てなかったとしましょう。


自分の体型が、ものすんごい三段腹で、まるで鏡餅みたいな身体「だと思っている」としましょう。

(実際には、そうでもなかったりするのかもしれないのですが。)


そして、こんな体型じゃ誰も愛してくれない、と思っているとしましょう。

(実際には、そういう体型の女性が好みだという殿方もいたりするのですが。)



で、そんなご自分の体型を隠すために、貴女はいつも、補正下着を着けています。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。