オス化女子つるぞの【33】”オッサンの着ぐるみ”姿でセッ○スはしづらいのです!?

1 / 7 ページ

前編: オス化女子つるぞの【32】”オッサンの着ぐるみ”と”童顔のパンチパーマ”は同じだったのです!?
後編: オス化女子つるぞの【34】毒吐き女神、降臨っっ!?

2006年2月のヒーリングワークで、フォーカスパーソンに当たり


心にひっかかっていた、兄貴との問題を癒やしてもらい


そして、これまでずっと癒着していた、ファシリテーターさんのことも


この後の3月ごろに手放すことができて(28話)


あとは、相方との結婚に向けて、まっしぐらっっ!!なはずだったのですが・・・



28話の最後に、「でも、もうすでに次の山が・・・」と書きましたが、その「次の山」というのは


「”オッサンの着ぐるみ”を脱ぐこと」


だったのです。



ありのままの自分には、愛される価値なんてないんだと誤解し


そんな愛される価値のない私が、弱いまんまでいても、甘えても、誰からも愛されない


それどころか、周りから攻撃される


と思い込み、私は、周りから攻撃されないために、そして、周りから愛されるために


自分の中の弱さも甘えも抑圧し、何でも自力でできる私、強い私、完ぺきな私を、演じてきました。



弱さや甘えを隠すため、そして、自分を完ぺきに見せるために、私が着たもの、それが、”屈強なオッサンの着ぐるみ”でした。


着ぐるみというのは喩えであって、現実に着ていたわけではないんですが、もうねえ、ホンマに、考え方も行動も、”屈強なオッサン”と化してましたね^^;


もちろん、ときには、弱気になっちゃう自分、甘えたくなる自分が、むくむくと頭をもたげるんですが、それを誰にも見られたくなくて

(相方にすら、です。)


「こらっ!押し入れの奥に、おとなしく隠れてなさいっっ!!」


って抑え込むか、誰もいないところに逃げ込んでこっそり出すか、どっちかでしたね。



その昔は、外ではオッサン化していましたが、彼氏の前では、着ぐるみを脱いでたんです。

みんなの読んで良かった!