オス化女子つるぞの【34】毒吐き女神、降臨っっ!?

1 / 4 ページ

前編: オス化女子つるぞの【33】”オッサンの着ぐるみ”姿でセッ○スはしづらいのです!?
後編: オス化女子つるぞの【35】私の立派なゾウさんはポークビッツになってしまいました!?

今回は、2006年3月の中旬ごろから4、5月ごろにかけて私が陥った状況と、そのときに救いの手を差し伸べてくれた”ある女性”のお話です。



このころの私は、ひどいひどい自己嫌悪にまみれておりました。


こんな自分はダメ、こんな私なんてイケてない、って自分のいろんなところを嫌い、イジけまくってました^^;



当時の私は、第27話でお話ししたような、「感情の便秘状態」が続いていました。


徐々に良くはなってきていたんですけどね。



たぶん、普通に日常生活を送ってるだけなら、そこに問題を感じることはなかったでしょう。


でも、ヒーリングワークなどに月1ペースで通ってると、ワークのたんびに、周りのみんなと自分を比べては、感情がなかなか出てこない自分を責めちゃうわけです。


「みんな、あんなにいろんな感情が出てくるのに、私は、なんも出てけえへんっっ(><)」


「きっと私は、みんなより出来へん子なんやっっ(><)」


って。



こんなふうにも責めてましたね


「きっと私は、みんなより理性が強すぎるんやっっ!!


なんちゅう頭でっかちな、堅苦しいヤツっっ!?」



たぶん一般社会では、理性が弱くて感情的な人間よりも、理性の強い人間のほうが、「社会人として、まっとう」って見られるんじゃないでしょうか?

(もちろんこれも、どちらが優れているというものではないのですが。)


でも、こういう心を扱う世界に入ると、価値観は逆転するんですね。


感情というものを大切に扱う世界ですから。

(もちろん、だからと言って、理性がダメということでもないんですが。)


で、私は、思考や理性ばかり働きすぎる自分を、すんごいダメ人間(><)って責めるようになりました。


今思えば、全然感情が出ていないわけではなかったし、思考や理性が働きすぎるのも、そこには恐れや罪悪感があるからで、これらも、立派な感情なんですよね☆


そして、もしあのとき、そのことに気づいて


「ああ、私、なにか怖がってるんやな」


「ああ、私、自分を責めてしまってるんやな」


って受け止めることができたなら、その恐れや罪悪感の下には、過去のいろんな痛みが隠れているわけで、やがて、それらがワンサカ出てきたことでしょう。



でも、当時の私は、そこに気づいていませんでした。


なので、「なんで、なんにも感じへんねん~~~!?」って自分を責めて


もどかしさに、ムキ~~~っっ!!となったり


強い劣等感を感じて、イジけたりしていました。



それからもう一つ、大人の女性になれていない自分のことも、ものすごく嫌っていましたね。


「大人の女性になれていない」というのはたぶん誤解で、周りから見たら、どこからどう見ても、大人の女性だったと思います。


なにせ、35歳とか36歳ですからw


35年、36年、人生経験を積んできてるんですから、べつに、特に大人ぶらなくても、大人としてのふるまいはしていたはずです。


身体だって、パーフェクトではありませんが、出るところはちゃんと出てましたし、ちゃんと大人の女性の身体です。


”オッサンの着ぐるみ”は着ていましたが、それを脱ぎさえすれば、特に何かを足さなくても、まんまで、大人の女性だったはずなんです。



でも、私、自分では


「大人の女性になれてないっっ(><)」


って思ってました。



というか、もっと掘り下げていくと


「私が、大人の女性になるやなんて、絶対ムリっっ!!」


とも思っていたし、また、心のどこかでは


「大人の女性になんか、なりたくないっっ!!」


とも思っていたような気がします。



”癒やしの旅”の先輩たちを見ると、自分の中の女性性をみごとに開花させて、まさに”大人の女性”な人なども、たくさんいるわけですよ。


そして、私とスクールで同期の女性たちも、私の目には、着実に、自分の中の女性性を開花させつつあるかに見えました。


周りはどんどん、大人になっていくのにっっ!!


私だけ、お子ちゃまっっ!?


どんどん、私だけ取り残されていくっっ!!


と、私はものすごく焦ってました。



そして、いつまでも未熟なまんまの自分に、ムキ~~~っっ!!となってたんです。


さらにさらに、相方とは依然としてセックスレスのまんま


そんな自分のことも、責めまくってましたね^^;



・・・というように、当時の私は本当に


「今の自分が、嫌いで嫌いでたまらないっっ!!」


っていう感じでした^^;



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。