オス化女子つるぞの【34】毒吐き女神、降臨っっ!?

1 / 11 ページ

前編: オス化女子つるぞの【33】”オッサンの着ぐるみ”姿でセッ○スはしづらいのです!?
後編: オス化女子つるぞの【35】私の立派なゾウさんはポークビッツになってしまいました!?

今回は、2006年3月の中旬ごろから4、5月ごろにかけて私が陥った状況と、そのときに救いの手を差し伸べてくれた”ある女性”のお話です。



このころの私は、ひどいひどい自己嫌悪にまみれておりました。


こんな自分はダメ、こんな私なんてイケてない、って自分のいろんなところを嫌い、イジけまくってました^^;



当時の私は、第27話でお話ししたような、「感情の便秘状態」が続いていました。


徐々に良くはなってきていたんですけどね。



たぶん、普通に日常生活を送ってるだけなら、そこに問題を感じることはなかったでしょう。


でも、ヒーリングワークなどに月1ペースで通ってると、ワークのたんびに、周りのみんなと自分を比べては、感情がなかなか出てこない自分を責めちゃうわけです。


「みんな、あんなにいろんな感情が出てくるのに、私は、なんも出てけえへんっっ(><)」


「きっと私は、みんなより出来へん子なんやっっ(><)」


って。



こんなふうにも責めてましたね


「きっと私は、みんなより理性が強すぎるんやっっ!!


なんちゅう頭でっかちな、堅苦しいヤツっっ!?」



たぶん一般社会では、理性が弱くて感情的な人間よりも、理性の強い人間のほうが、「社会人として、まっとう」って見られるんじゃないでしょうか?

(もちろんこれも、どちらが優れているというものではないのですが。)


でも、こういう心を扱う世界に入ると、価値観は逆転するんですね。


感情というものを大切に扱う世界ですから。

(もちろん、だからと言って、理性がダメということでもないんですが。)


で、私は、思考や理性ばかり働きすぎる自分を、すんごいダメ人間(><)って責めるようになりました。


今思えば、全然感情が出ていないわけではなかったし、思考や理性が働きすぎるのも、そこには恐れや罪悪感があるからで、これらも、立派な感情なんですよね☆

みんなの読んで良かった!