月曜日は時計がズレてる

自動巻き腕時計の針。
理由は簡単。週末、出かけないから。

土日なにもしなくても、月曜日は来る。
会社に来てデスクに座りPCを立ち上げる。
コーヒーを飲みながらネットをする。

10時ごろ、腕時計を見る。

自動巻きなので動いてはいるものの、日付と時間がまだ週末のまま。


30代ももうすぐ終わってしまう。
旦那どころか、彼氏もいない。子供もいない。
好きな人はいるけど、最近は彼の人生に関わってもいない。

健康な両親と実家暮らし。

健康と言っても、もうすぐ70代になる。
最近母は「この先、体が弱って出来ることが減っていくだけ」と弱音ばかり吐いている。



この先・・・
私は結婚するのだろうか。(できるのだろうか?のほうが正しい)
ほかに好きな人ができるのだろうか。(できたところで云々…)



今までの人生、まわりから見れば「自由人」だったんだろうな。
確かに。
2度の海外留学、毎年数回の海外旅行。
悩みがなさそう、という言葉を今まで何回言われたことか。

この歳になると「結婚しないの?」というセクハラにはもう慣れた。
「結婚できそうなのに」「結婚しなよ」「理想が高いんじゃないの?」等々。

何も言われなくなる方が、リアルにきつくなるのだろうか。


毎週月曜日に腕時計を見るたびに思う。
このままじゃ、このままだ。(そのとおり)
何も変わらない。
楽しく生きるか、つまらなく生きるか。このままでいいと納得するのか。
自分次第。

私には少ないながらも貯金がある。時間もある。つまり自由だ。やはり自由人だ。


私は決めた。
自立だ。


大袈裟だけど、私の中では一大決心。
(日本で)初めての一人暮らし、です。この歳で。


私から勢いを取ったら何も出来ないってぐらい、勢いで生きて来たので思い立ったら即行動。

アパートの内覧である。
初日、2件見た。
そして「ここがいい」という物件に巡り会えた。とにかく勢いだ。


残り少ない30代、私は悔いなく変化することを決めた。


もちろん恋愛もしたい。
でもこれがなかなかの難儀で、私はいつも失敗する。
クヨクヨなんてしてられない!と思えるほど、恋愛に関してはポジティブではないので、今回は恋愛の話は抜きにしよう。

自分の恋愛を語り出そうとすると、back numberが自動的に流れる仕組みになっている。
つまり、悲恋。叶わぬこの想い。(文字にすると綺麗だけど、実際ただの片思い)


今週末、アパートの契約に行く。
それ以外に予定はない。

月曜日、また時計の針はズレてるだろう。
でも、焦らずに。気にせずに。気が付いた時に時計を合わせることにしよう。


私の物語は、まだまだ続く。
時計の針を合わせたら、また動き出す。








みんなの読んで良かった!