オス化女子つるぞの【36】悪臭テロ犯つるぞの、立てこもったら包囲されちゃいました!?

1 / 2 ページ

前編: オス化女子つるぞの【35】私の立派なゾウさんはポークビッツになってしまいました!?
後編: オス化女子つるぞの【37】ミステリートロッコからは決して飛び降りないでください!?

「どうやら私は、怖がっているらしい・・・」


と、自分の立派なゾウさんがポークビッツになっていることに、ようやく気づいたワタクシ、つるぞの。


今回は、「つるぞのは、いったい何が怖かったのん?」というお話をいたしましょう☆



まず、このころの私の”癒やしの旅”のプロセスというか、流れを見ていきましょう。


この数か月前の2月に、私は、ヒーリングワークでフォーカスパーソンに当たりました。(第29話~第32話)


このときにトレーナーから受けたセッションというのは、いろんな見方、解釈ができますが、ザックリまとめるなら


「自分は、”ありのままで愛される存在”であり


周りは、“私を攻撃する存在”ではなく、“私を愛してくれる存在”なんだということを信頼し


今まで嫌って抑圧してきた、自身の弱さや不完全さといったものを


周りに、隠さずさらけ出して、愛してもらう」


という流れのセッションだったのではないかと思うんです。



つまり、自己嫌悪を癒やすセッション。


もっと言うなら、周りから攻撃されないために、自分を強く、完璧に見せようと、長らく私が着用してきた、”屈強なオッサンの着ぐるみ”を脱ぐための、セッションだったのでしょう。



その後


「ネガティブな感情を感じている自分なんて、他の人に見せるわけにいかない」


と、本当の自分の気持ちを誰にも話せなくなり、孤独を感じていた私の前に、あの麗しい、”毒吐き女神”さまが現れ


「どんな感情でも、出したらええねんで~~~☆


毒、なんぼでも吐きなはれ~~~☆」


とのお告げをくださいましたw(第34話)



つまり、ここでもまた


「大丈夫やから、ありのままのアンタをさらけ出しなはれ」


と、言われたわけです。



また、このころになると、かなり腹を割って話せる仲間が、増えてきました。


辛くなったり、不安になったりしたときでも


「こんなことを誰かに相談したら、きっと迷惑がられる、軽蔑される」


そう思って私は、なかなか相談できなかったのですが


どうしても我慢できなくなって、勇気を出して仲間たちに相談したら、多くの人が理解を示してくれて、共感してくれて、受け容れてくれたのです。



これは、私の人生のなかでは、最大級と言っていいくらいの、大きな驚きでした。


だって私、ずっと


「弱さを見せたら、周りから責められる」


「ダメな自分を見せたら、周りから軽蔑される」


「周りは、私を監視し、批判し、攻撃する存在」


って思って、生きてきたんですから。



で、受け容れてもらえたという経験を、なんどもなんども重ねるうちに、私、思うようになってきたんです


「もしかして周りは、自分が思っている以上に優しいのかもしれない」


って。



「弱さを見せても、毒を吐いても、大丈夫なのかもしれない」


「だったら、”オッサンの着ぐるみ”、脱いでもいいっかな☆」


って。



私が”オッサンの着ぐるみ”を脱ぐためのお膳立てが、着々とできあがってきてたのです。


でも、いざ脱ごうとすると、これがっ!めっちゃ怖いっっ!!


第34話で、自分の体臭が「めっちゃクサいらしい」っていうお話をしましたよね。

(あ、あくまで喩え話ですよ!実際には私、クサくないです、たぶんっっ!!)


あの設定を、今回も使いましょう☆



つるぞのが、満員電車のなかで、見知らぬ人から


「アンタ、めっちゃクサいで」


って言われたとします。



「え、私、クサいのんっ!?」


と驚いて、周りを見たら、みんなからの刺すような視線・・・


「はあ~~~、ごめんなさい~~~(/TДT)/」


どうにもいたたまれなくなって、次の駅で電車を降りたのですが、行く先々で、周りから刺すような視線を感じます。


どうやら私、鼻が曲がって、腐って、もげるくらい、クサいらしいっっ!?


ああ、こんなにクサい私が、どこへ行っても、受け容れてもらえるはずがないっっ!!


ウロウロしてたら、たくさんの人から迷惑がられるっ!!


いや、下手をしたら、異臭騒ぎってことで、警察に通報されるっっ!?

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。