オス化女子つるぞの【38】着ぐるみの怨念?8月のヒーリングワークで恐怖体験しちゃいました!?

1 / 2 ページ

前編: オス化女子つるぞの【37】ミステリートロッコからは決して飛び降りないでください!?
後編: オス化女子つるぞの【39】最恐?落ち武者軍団に屈強なオッサンも泣いて降参しちゃいました!?

2006年の6月ごろ、当時の私は、前3話でお話ししたように、恐れでいっぱいになっていました。


そんな私を、さらにビビらせる出来事が起こります。



当時、私は、カウンセラー養成コースの中級コース生でした。


このコースの中級以上になると、毎月行なわれるヒーリングワークのアシスタントに立候補することができます。


で、8月のヒーリングワークのアシスタントに立候補したら


なんと、アシスタント同士の投票で、アシスタントリーダーに選ばれてしまいました!?



ど、どないしよ~~~(><)


変な汗、出まくりですよ^^;


だって当時の私は、中級に上がってまだ2、3ヶ月ほどで、アシスタント経験も数えるほどしかなかったんですから。


しかも、8月ワークといえば、他の月のワークとは違う、特別なものだったりするんです。


というのも、他の月のヒーリングワークは2日間または3日間ですが


8月のヒーリングワークは、お盆の時期に5日間かけて行なわれました。



これに参加するために、遠方からわざわざ来られる方も多く


また、「5日間かけて深く癒やされるチャンス☆」ということなのか


他の月のワークではあまり見かけない、超ベテランの人たちも、このときばかりはと、たくさん参加されます。



なので、参加人数も、他の月より多くなります。


例年100人前後・・・


それはもう、すんごいプレッシャーです(><)



もっとも、すべてをリーダーひとりがどうこうしなければというわけではありません。


リーダーを指導してくれる担当研修生さんや、リーダーをサポートしてくれるサブリーダーさんも、ちゃんといてくれてます。


でも、超自立人間の癖なんでしょうか。


頭では、「周りを頼ればいい」って分かっていても、心はオートマチックに


「ぜんぶ自分でなんとかしなければ」モード


に入ってしまっていたようです。



ところで、ヒーリングワークでは、毎回リーダーがテーマを決めます。


8月ワークのテーマは


  「愛ある笑い」


に決めました。



どんな問題が立ちはだかっていても、どんな悩みを抱えていても


深刻さにハマりこむのではなく、笑いを忘れずに、とか


笑ってるあいだにうっかり癒やされよう、とか


恐れや絶望のなかにあっても


「大丈夫だよ~☆」という愛と信頼を込めた笑いで抜けよう、とか


そんな感じの意味合いで、このテーマにしたように記憶しています。



なので私は、担当研修生さんやサブリーダーさんたちとの会合やアシスタントミーティングでは


「笑いでいっぱいのワークにしたい」


「参加者さんたちに、いっぱい笑ってもらいたい」


と、たびたび「口では」言っていたように思います。



もし、心底そう思っていたのであれば、愛ですよね、愛っ☆


もちろん当時の私は、自分は心底そう思ってるものだと思ってました。


でも今思えば、私の心を満たしていた想いというのは、これとはずいぶん違っていたようです。


「参加者さんたちを、失望させないようにしなければ」


「ベテランさんたちに、失礼のないようにしなければ」


「20人近くいるアシスタントさんたちにも、頼りないリーダーだと思われないようにしなければ」


「トレーナーに叱られないようにしなければ」


つまり、当時の私は


「周りから、失望されたり責められないように、ちゃんとしなければ」


ということばかり、考えていました。



それって、参加者さんやアシスタントさん、トレーナーといった自分以外の人たちすべてを


「ミスをしたり頼りなさを見せれば、そんな私を嫌ったり責めたりする」


そんな存在として捉えていたということですよね。



またしても、私の悪い癖が出ていたようです(><)


そして、周りから攻撃されないようにと、必死で完ぺきなリーダーを装い、準備も抜けがないか、チェックにチェックを重ね、厳重に整えました。


隙を見せれば、周りから、きっと攻撃される


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。