オス化女子つるぞの【39】最恐?落ち武者軍団に屈強なオッサンも泣いて降参しちゃいました!?

1 / 3 ページ

前話: オス化女子つるぞの【38】着ぐるみの怨念?8月のヒーリングワークで恐怖体験しちゃいました!?
次話: オス化女子つるぞの【40】屈強なオッサンが降参したら、優しさに包まれちゃいました

準備を完ぺきに整えていたはずなのに


本番でも、細心の注意を払ってきたはずなのに


すべてが悪いほう悪いほうに転び、途方に暮れてしまったワタクシつるぞの・・・


そんな状態で、ワーク3日目最後のセッションを迎えます。



フォーカスパーソンが選ばれ、その人が、自分の悩みをシェアしました。


でも、そのあいだも私は、参加者さんのサポートにはついていましたが

(サポートといっても、参加者さんの背後に立ち、その人の両肩に手を置き、寄り添ってあげるという程度です。)


虚ろな目をして、物思いにふけるばかりでした。



いったい、何が悪かったんやろう?


私は、どないしたらええんやろう?



いつものように、ワーク会場には、参加者さんたちの席がU字に並べられていて、そのU字の内側で、この日最後のセッションが始まりました。


でも、それは、私の目にも耳にも、まったく入ってきません。

(ちなみに、このとき私は、U字の左側直線の少し下あたりにいました。このあたり→U)


「ああ、あかん、あかん!!


ちゃんと集中せんと、また失敗するやんか!?」


気持ちを立て直そうと、自分の立っている位置から、会場内にいる他のアシスタントさんたちを見渡しました。


いまいちど、他のアシスタントさんたちと、心をつなげてみたかったのです。


ところが・・・


私の目に飛び込んできた彼らは、見るも無残な姿でした!?


私の心の目を通して見た「イメージ映像」を、あえてそのまま書くなら・・・


彼らは土気色をしていて、まるで魂の抜け殻のように力なく、めいめいの場所に立ちつくしていました。


私には彼らが、傷だらけで、衣服もボロボロで、顔も身体も、戦場の泥と血にまみれた、落ち武者の亡霊のように見えたのです!?


首から血を流している人もいれば、全身に無数の矢が刺さっている人もいました。

(あ、あくまで、私のイメージです、イメージっっ!!)


で、でたっ!落ち武者軍団!?


ひぃぃぃ~~~!?


(当時のアシスタントさんたち、ホンマすんません!


何度も言いますが、これ、あくまで私の中の、イメージ映像ですからっ!!)


そして、どの落ち武者、もとい、アシスタントさんも、その顔には、深い深い絶望と悲しみの表情が見られました。


ものすんごい悲しげ・・・けど、やっぱり怖いっっ!!(><)


かなりビビりながらも、心のなかで、思わず自分に問いかけました


「いったい、彼らをこんな無残な姿にしたんは、誰やねんっ!?」


って。



すると即


  「私やっっっ!!」


と、直感が返ってきました。



こんなときでも、「脳内ひとりボケつっこみ」、さすが大阪人w


そうなんです、私なんです。


私が彼らを、悲しくて無残な落ち武者にしてしまったのです。


いいえ、彼らだけではありません。


今回のヒーリングワークで起きた数々の”怪奇現象”(おいっ!)も、私自身が引き起こしたものだったのです。



私なりの推理ではありますが、種明かししていきましょう☆


前回お話ししたように、私は


「ちゃんとしないと、しっかりしないと、みんなから責められる」


と、極度に怖がっていました。



そして、失敗しないように、落ち度を見せないように、必死で完璧を装っていました。


ビクビクしていましたし、ピリピリもしていました。


みなさんも経験されたことはないでしょうか?


すぐそばに一人、ピリピリしている人がいたりすると、なぜだか自分までもが、ピリピリ、イライラしてしまう、なんてこと。


心理学では、こういう現象を「共鳴」と言うんですが、今回のワークでも、この共鳴が起こったようです。


私が極度にピリピリしていたので、まず、それに他のアシスタントさんたちが共鳴し


さらに、私もしくはアシスタントさんたちのピリピリに、参加者さんたちが共鳴し


結果、ワーク会場全体が、ピリピリムードになってしまった、ということなのでしょう。



もともと、アシスタントさんたちはみな


「今回のワークを、素敵なものにしたい!」


「そのためにも、リーダーを支えていきたい!」


という強い思いを持ってくれていたように思います。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の鶴園 ミアさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。