オス化女子つるぞの【40】屈強なオッサンが降参したら、優しさに包まれちゃいました

1 / 2 ページ

前話: オス化女子つるぞの【39】最恐?落ち武者軍団に屈強なオッサンも泣いて降参しちゃいました!?
次話: オス化女子つるぞの【41】作り物の○○○○○をちょん切ったら悶絶しちゃいました!?

完ぺきを装ったり、強がったりすることで、じつは周りをしんどくさせていた、ということに気づかされた、つるぞの。


他に打つ手も思いつかないまま、ワーク4日目の朝を迎えました。



ワーク会場に向かう電車のなか、私は、どよ~~~んとしていました。


リーダーとしての自信も(まあ、もともとありませんでしたが )、プライドも、ズッタズタのボロボロでしたから。


しかも、今日からどうしていったらいいのか、良い考えも、意欲も、希望も、湧いてきません。


脱力して、動く元気もありません。



でも、電車って便利ですねえ。


私が動けなくても、勝手に、そんな私を運んでいってくれるんですからw


駅に着き、しぶしぶ電車を降り、会場へと歩きます。


でも、歩きながら、少しずつ気持ちが固まっていくのを感じていました。


もう、この方法しかないやんって。


「落ち度を見せないようにしよう」「ちゃんとしよう」っていうやり方があかんかったんやから、それをやめるしかないやんって。



自分が完ぺきでないことを認めよう


負けを認めよう


そんな不完全な自分を受け容れよう


そして、周りの人にも隠すのはやめよう


ものすごく怖いけれど、もうそれしかない・・・。



そして、朝一番のアシスタントミーティング。


いつものように、リーダーとして、アシスタントさんたちに向けてお話をしました。


このとき話したのは、概ねこんな内容だったかと思います。


*****


私がこれまで、如何にマズいリーダーだったか


昨日、それに気づかされました。


もしかしたら、みなさんは、昨日までの3日間


うまくできなかったこと、失敗したこと、いっぱいあって


そんな自分をもどかしく感じたり、責めたくなっているかもしれません。



そしてそれは、私も同じです。


でも、自分を責めても、なんにもよくならないんですよね。


だからもう、私は、自分を責めるのをやめます。


みなさんもどうか、自分を責めないでください。


昨日までのことは、全部なかったものとして、リセットしちゃいましょう。


そして、また新たに、ヒーリングワークを始めましょう。


今日が、その1日目です。


こんどは、「ちゃんとしよう」とか「失敗しないように」ではなく


「どうやって、参加者さんたちを愛してあげようか?」


それだけを考えて、みんなで一緒にやっていきましょう。


*****


今までの、自分のひどいリーダーっぷりも、自分の不完全さも、弱さも、ぜんぶ赦そう。


そして、その赦された自分でもって、アシスタントさんたちの不完全さも赦そう、労わろう、愛そう。


そうすれば、アシスタントさんたちにも、私にも、ラクさやつながり、そして生気も(笑)、戻るんではないか


そう思ったんですね。



これまでのアシスタントミーティングのときの私と違って、たぶん、トーンもかなり低めで、弱々しかったかと思います。


もう、強がりの鎧を着けられない状態でしたから。


つるぞのにトドメを刺すなら今やでっ!って感じでしたw



でも、アシスタントさんたちはみな、とても静かに、とても優しい表情で、私の話を聞き、弱々しい私の姿を見守ってくれました。


私が、アシスタントさんたちを労わりたかったのだけど、アシスタントさんたちのほうが、私を労わってくれたんですね。


なんともいえず柔らかくて、切ないほどの優しさと、赦しのエネルギーが、昨日までピリピリしていた会場内に、満ちていくのを感じていました。


そして、そのエネルギーのせいなのか、このときを境に、すべての流れが、ガラっと変わった気がします。



今まで、クレームしか聞こえてこなかったのに


「みんな、よく頑張ってると思うよ~☆」


「本当にありがとうね~☆」


という励ましや感謝の言葉を、参加者さんたちからいただいたり


私がまごついてるときも、アシスタントさんがサッと助けてくれたり


何よりも、アシスタントさんたちや参加者さんたちに、笑顔が増えました。



ようやく、私を含めたみんなの歯車が、うまく噛みあったように感じられました。


あなたの人生の物語が書籍やドラマに!

カタリエ 開催中

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。