オス化女子つるぞの【41】作り物の○○○○○をちょん切ったら悶絶しちゃいました!?

1 / 2 ページ

前話: オス化女子つるぞの【40】屈強なオッサンが降参したら、優しさに包まれちゃいました
次話: オス化女子つるぞの【42】だんじり祭りの夜に、私もお祭りになっちゃいました!?

どうにかこうにか、8月のヒーリングワークを終えたつるぞの・・・


その後のことを思いだそうとしても、具体的な出来事として思いだされることは、殆どありません。


頭に浮かんでくるのは、体育座りしてイジけてるか、布団の上でのたうちまわって泣いている、そんな私の姿だけなんです。



正直ですねえ、ここにネタとして書けるほどの特別な出来事は、ここから結婚するまでのあいだには、殆どないんですわ


・・・って言ってしまうと、このシリーズを読まれてるみなさんは、続きを読むモチベーションが下がりますかね^^;



でも、ホントに、ここから先には、特に何が起きたということは、あまりありませんでした。


ただ、私の心の中は、しんどさクライマックスって感じだったんです。


どんなふうにしんどかったか?


とにかく切なくて切なくて、たまりませんでした。


8月のヒーリングワーク後は、気の合う仲間たちと温泉に行ったり、バーベキューに行ったり、たびたび遊びに行きましたが


そんな楽しいひとときでも、私は、切なさを感じていました。



もうすぐ結婚するから、彼らともう遊べなくなると思って寂しくなってるのかな?とも考えました。


でも、結婚する相手は、長年同棲を続けてきた相方ですし、遠くへ引っ越すわけでもないですし


心理学の講座などにも、変わらず参加しつづけるつもりでしたから


結婚したからって、生活がこれまでとガラっと変わるわけではありませんでした。



仲間たちとの付き合いも、大きく変わるとは思えません。


だから、彼らと遊べなくなると思って寂しくなっているというのは、ちょっと違うような気がしました。


前回お話ししたように、8月のヒーリングワークが終わった直後も、すごく切なかったですが


ヒーリングワークが終わったことを、いつまでも引きずっているというのも、理由として考えづらいんですよね。



じゃあ一体、なんでこんなに切ないの?


特に思い当たる具体的な理由なんて、ありませんでした。


でも、この切なさというのが、半端じゃないんです^^;


もう、胸がしめつけられるくらい切なくて切なくて


リビングのソファの上だろうが、ダイニングの椅子の上だろうが、仕事場のパソコン前の椅子の上だろうが


うっかりしてると、すぐに体育座りしてイジイジすることが、ものすんごく増えてしまいました。



当然この時期、仕事も家事も、全くはかどりませんでした。


また、朝は胸の激しい痛みで目覚めることが、続くようになりました。


この痛みもまた、半端じゃなく、それはもう痛くて痛くて、毎朝ふとんの上で泣きながらのたうちまわったほどです。


べつに、心臓の具合が悪くなったわけではないですよ。


相方に刃物で、胸を刺されたわけでもないですよw


物理的にも医学的にも、痛みの原因となるものはなかったはず。


でも、痛みはいつも鮮明で鋭くて、単なる気のせいとは思えませんでした。


そしてその痛みは、ふとんの上でのたうちまわりながらしばらく泣いていると、少しずつやわらいでいき、やがて嘘のように消えてしまうのです。


こんな感じで、原因不明の切なさと痛みに苦しめられる日々が、何日も何日も続きました。


客観的に見れば、当時の私の状況は、さほど不幸ではなかったはずです。


少しの問題は抱えていましたが、それらも少しずつ、着実に、解決に向かっていました。


そして、何よりも、あと2ヶ月足らずで、結婚する予定でした。


むしろ、だんだん幸せな気分になっていっても、いいくらいだったんですよね。


なのに、なんなんだ、このしんどさは!?


すべては前に進んでいる、良い方向に進んでいる、たとえ一時、辛い時期が訪れても、それも幸せに向かうプロセスの一部なのだ、という意味で


「プロセスを信じなさい」


と、心理学を学ぶ私たちは、トレーナーからよく言われていました。



体育座りでイジけているときも、ふとんの上でのたうちまわっているときも、私の頭の端っこから


「プロセスを信じるんですよ~☆」


という声が、聞こえていました。



でも、そうは言っても、こう何日もしんどい日々が続くと


「いったい私、これからどないなってしまうんやろ?」


と、ひどく不安になりました(;´Д`)



どんどん真っ暗闇の谷底に落ちていくような気がして、怖くてたまりませんでした。


ところが・・・


ある日、この切なさと痛みの正体が、判明したんです☆


当時私は、「しんどい~しんどい~」と苦しみながらも、そんな自分の状況を、プライベートのブログに、まめに書き綴っていました。


文章に書いて吐き出すだけで、少しはラクになる気がしましたし、仲間からのコメントに元気づけられることも、多々ありました。


そして、その仲間からのコメントがきっかけで、気づきました


「この切なさと痛みは、オチン○ンをちょん切ったときのものやっ!!」


著者の鶴園 ミアさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。