オス化女子つるぞの【42】だんじり祭りの夜に、私もお祭りになっちゃいました!?

1 / 4 ページ

前編: オス化女子つるぞの【41】作り物の○○○○○をちょん切ったら悶絶しちゃいました!?
後編: オス化女子つるぞの【43】元“童顔のパンチパーマ”が元“屈強なオッサン”の背中を押しました!?

8月のヒーリングワーク後、連日、耐えがたい切なさと痛みに、のたうちまわっていたワタクシ、つるぞの。


でも、この切なさと痛みについて


「どうやら、(心理的な)オチン○ンをちょん切ったせいらしい」


と知った私は


「だったら、ガッツリ感じつくそうやないのっ☆」


と、俄然やる気が出てきたのでした。



もっとも、朝は激しい痛みにのたうちまわり、日中はきっつい切なさに、ところ構わず体育座りと


やることは、これまでと全く変わりませんでした。



でも、気持ちのうえでは、戸惑いや恐れがすっかり消え、どんな感情が上がってきても、集中して向き合っていたように思います。


そして、ガッツリ感じつくそうと決意してから変化が生じるまでに、さほど時間はかかりませんでした。



たぶん、2、3日くらいだったのではないでしょうか。


それくらいで、私のなかに出てくる感情の色合いが、変わりはじめたのです。


それまで感じていた切なさや痛みが、フェードアウトしていき、これと入れ替わるように出てきたのは


  なんともいえない哀しみ


でした。



それは、何か辛いことがあったから悲しいとか、そういった悲しみではなく


もっと、魂の奥底から湧きでてくるような、深い深い哀しみでした。



これまでの切なさや痛みほどエグさはなく、のたうちまわったりはしませんでしたが


それでも、全身の内側が、涙で満たされているような感じがして

みんなの読んで良かった!