<第5話 教員採用試験情報収集編>英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話

1 / 4 ページ

前編: <第4話 職業訓練編> 英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話
後編: <第6話 TOEIC勉強編① 英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話>

この話は「 4 職業訓練編 英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話」の続きです。

もしご覧になっていない場合は、まず第1話をご覧ください


----------------------------------------------------------


社会人特別選考

児童英語講師の勉強のかたわら、教員採用試験に関して調べることにした。





青森県の教員採用試験の2008年実績は、と






えー、15倍!!






現実は思ったより厳しいことがわかった。

少子高齢化がより早く進んでいる青森県では教員採用試験の倍率が他の県に比べて格段に高いのだ。

なぜ青森かというと、離職に伴い大阪に居る理由がなくなったため、3月を目処に遠距離結婚により結婚以来一緒に住んだことのない妻が住んでいる青森に引っ越すことにしたからだ。





ただ、ここで1つ良い情報を見つけることができた。







社会人特別選考という選考試験があったのだ。





みんなの読んで良かった!