一本の映画を撮るように、人生をプロデュースする話。(第3章:答えは東京に 編)

1 / 4 ページ

第3章:答えは東京に 編(28〜34)


28

”剣は心なり”とはよく言ったものだ。


気持ちや生活が充実しているときは、剣道もそう。

だが、逆も。


心の乱れは、”剣”の乱れ。


高校での剣道は、
オレが愛した剣道ではなかった。


「剣道では食っていけないんだから、勉強しろ!」

真意は別のところにあるんだろうが、
顧問に言われたこの言葉が忘れられない。


だが、

全ては、自分の未熟さや、努力の足りなさが招いたものだ。

自業自得なんだよ。



ーーー

中学では、定期テストで学年1位を数回獲得したことがある。

調子に乗ってたんだろう。

ちょっと本気を出せば、高校でもNo,1に成れると信じてた。


甘かった。


どんどん置いてかれた。

自分を過信しすぎていた。

頭では分かっているが、
身体が動かない。

部活でヘトヘトになって帰ってきて、宿題すらままならない状態。

だから、


分からない。
勉強が面白くない。
宿題をしない(きつくて出来ない)
分からない。

この負のスパイラルに一度ハマってしまうと、
なかなか抜け出すのは大変だ。


29

怠惰な生活が始まった。

宿題をやらなくなったお次は、

早朝に実施されていた特別授業(特課)をサボりがちに。


「他の高校は7:00の電車で通学してじゅうぶん間に合うのに、
なんでオレの学校は6:00の電車に乗んなきゃいけないんだよ??早すぎるだろ。
メンドクセー。」

・・・今改めて振り返ると、ぶっとばしてやりたいくらいナメたことを言ってるな。


そのお次は、

怒らない先生の授業は基本、”寝る”。


深夜遅くまで付き合ってた彼女とかと長電話。

電話代が高すぎると親にも何度も何度も怒られた。


「じゃあ、自分で稼ぐからバイトしていいか?」​親に尋ねるが、​

校則で禁止されてるので、もちろん許可してくれない。


イタチゴッコ。


そんなこんなでいつも睡眠不足。

自分の体調もコントロール出来ない。

自分の感情もコントロール出来ない。


楽な方へ。

楽しい方へ。

30​

怠惰な生活は、ゆっくりと心と身体をむしばんでいく。

あまりにもゆっくりなので、

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。