一本の映画を撮るように、人生をプロデュースする話。(第3章:答えは東京に 編)

1 / 12 ページ

第3章:答えは東京に 編(28〜34)


28

”剣は心なり”とはよく言ったものだ。


気持ちや生活が充実しているときは、剣道もそう。

だが、逆も。


心の乱れは、”剣”の乱れ。


高校での剣道は、
オレが愛した剣道ではなかった。


「剣道では食っていけないんだから、勉強しろ!」

真意は別のところにあるんだろうが、
顧問に言われたこの言葉が忘れられない。


だが、

全ては、自分の未熟さや、努力の足りなさが招いたものだ。

自業自得なんだよ。



ーーー

中学では、定期テストで学年1位を数回獲得したことがある。

調子に乗ってたんだろう。

ちょっと本気を出せば、高校でもNo,1に成れると信じてた。


甘かった。

みんなの読んで良かった!