28歳大学生

1 / 2 ページ

「大学って、何?」

「おまえギャグかよ!その年で大学行ってどうすんの?キャリアも無くなるし32才で新卒採用で取ってもらえると思ってるの?!」

同僚の厳しい論調はこの夜ずっと続いた。

今から8年前、2009年1月、ぼくはサラリーマンをしていた。



高校3年生の時に、原因不明の病気で倒れた。

気がついたら水だけの生活が待っていた。ようやく回復してきたのが20才の時、アルバイトを始めた。

何度も挫けそうになってやっとの思いである広告代理店の営業になった。

世間ではネット広告が一般化しつつあった。スマートフォンが出るほんの少し前の時代。

 「遅れる!」

毎日、毎日、営業先に走った。

謝って、謝って、謝った。



気づいたらデスクで寝てた。

残業200時間を超える頃、プライベートの境目が無くなった。


ぼくはサラリーマン。

決してできのよい営業マンでなく、ミスしては怒られ、謝り、それの繰り返しの日々。

たまに会議で難しい言葉が聞こえてくる。

「SWOT分析やコトラーのなんちゃらかんちゃら」

そんなものは何一つわからなかった。

それでも必死にしがみついていた。

ただ、漠然とした不安は拭いきれなかった。

こうして、死んでいくのだろうと。

ある日、営業先の帰り道に大学生の集団と出くわす事があった。

いままでだったら、完全にスルーしていたけど、

なぜかその日は気になった。そのままキャンパスに入り、

不審がられながらもスーツ姿でキャンパスのベンチに座った。

いろんな若者が通り過ぎていくのを見て、

「大学って、何?」




おもわず、つぶやいてしまった。

ぼくは27才、もし大学に入れば27才から32才まで学生になる。

サラリーマンにとって5年間のキャリアは致命傷だ。

ましてや、32才になって卒業したらどこの会社も採用してくれないだろう。

「何、ねぼけてるんだ」と自分に言い聞かせ、その場を後にした。

ただ、妙に大学生達の顔がこびりついて頭から離れなかった。

その週の金曜日にいつもながらの会社の飲み会があった。

酔いもまわってきて、大卒の同僚達に、聞いてみた。

「大学って何?」

「えっ?」

「いや、なんでもない」

「もしかして行きたいの?」

同僚の顔が険しくなっていく。

「おまえさ、仕事が厳しいから辞めたいんだろ」

「いや、そうじゃなくて単純に興味があって」

「おまえギャグかよ!その年で大学行ってどうすんの?キャリアも無くなるし32才で新卒採用で取ってもらえると思ってるの?!」

「・・・・」

「そりゃあ、そうだよな」

その通りだと思ったので、その場は笑って濁した。

その後、色んな友達や、BARのマスターなど色んな人に聞いてみた。

「大学なんて学歴だけだよ」

「18才でいくから価値があるのさ」

「大学行かなくても成功した人はいっぱいいるじゃん!」

「寝ぼけてる?」

もう、本当に誰一人肯定者がいなかった。

こうなったら、ネット検索して誰かいるかなと、

案の定、Yahoo知恵袋でボコボコに諭された。

確かに、この年齢で大学に入るのは致命的かもしれない。

ただ、サラリーマンとしての自分の限界を感じていた。

「大学にいってみたい」

周りとは裏腹に想いが強くなっていた。

 ある晩、母親に久しぶりに電話をした。

大学に行きたいと告げた。怒られる事も覚悟して。

母の答えは意外だった。

「その道は苦しいよ、あんたはそれを分かって言ってるんだ。

なら行けばいいんだ。母ちゃんだけは応援するよ。」

次の日、ぼくは会社のビルの前で辞表を持って立ってた。

職場の上司に辞表を渡すと、案の定止められた。

ただ、決心してた僕の眼に観念したのか、

会社を退社する事が決まった。

27才、6月のことだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2章 受験編

 大した貯金がある訳でもないので、両親に頭を下げて実家に帰らせてもらった。お金があまりないので、地元、神奈川の公立一本に絞った。ここには商学部があるので、そこを目指す事にした。

 頭を丸めて、心機一転がんばる事にした。

時は6月、受験まで半年。

高校卒業してから、10年経っていたので、

高校の教科書を開いても何も分からなかった。

英語の仮定法の、

If I was a bird, I can fly.

「なんだこれ!過去形なの、なぜ?!」

みたいな感じ。

要するに全く分からなかった。

そんなこんなで、中学の教科書を引っ張りだして、

図書館で勉強する日々が始まった。

1ページに1時間かかることは当たり前だった。

1ヶ月後の7月にある予備校主催の全国模試を受けてみた。

結果は、









合格判定 E

要再考せよとのこと。

偏差値は40だった。

その頃、頭に浮かんできたのは、

「何で受験してんだろ?!やっぱり会社から逃げたかったのかな」

「今ならまだ、戻れる」

「浪人できないんだし、中学の勉強で精一杯だろ」

っていう悪魔と、

「まだ、始まったばかりだよ」

「あと5ヶ月あるじゃん!」

「大学行ってみたいんだろ!」

と天使との争い。

8月に入り、ようやく中学の教科書が一通り理解できた。

ただ、残り5ヶ月でセンター試験。地獄。

間に合わないかも・・・・

猛暑の中、図書館までチャリンコで漕いでる横を、

サラリーマンが通り過ぎていく。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。