28歳大学生

1 / 7 ページ

「大学って、何?」

「おまえギャグかよ!その年で大学行ってどうすんの?キャリアも無くなるし32才で新卒採用で取ってもらえると思ってるの?!」

同僚の厳しい論調はこの夜ずっと続いた。

今から8年前、2009年1月、ぼくはサラリーマンをしていた。



高校3年生の時に、原因不明の病気で倒れた。

気がついたら水だけの生活が待っていた。ようやく回復してきたのが20才の時、アルバイトを始めた。

何度も挫けそうになってやっとの思いである広告代理店の営業になった。

世間ではネット広告が一般化しつつあった。スマートフォンが出るほんの少し前の時代。

 「遅れる!」

毎日、毎日、営業先に走った。

謝って、謝って、謝った。



気づいたらデスクで寝てた。

残業200時間を超える頃、プライベートの境目が無くなった。


ぼくはサラリーマン。

決してできのよい営業マンでなく、ミスしては怒られ、謝り、それの繰り返しの日々。

たまに会議で難しい言葉が聞こえてくる。

「SWOT分析やコトラーのなんちゃらかんちゃら」

そんなものは何一つわからなかった。

それでも必死にしがみついていた。

ただ、漠然とした不安は拭いきれなかった。

こうして、死んでいくのだろうと。

ある日、営業先の帰り道に大学生の集団と出くわす事があった。

いままでだったら、完全にスルーしていたけど、

なぜかその日は気になった。そのままキャンパスに入り、

不審がられながらもスーツ姿でキャンパスのベンチに座った。

いろんな若者が通り過ぎていくのを見て、

「大学って、何?」




おもわず、つぶやいてしまった。

ぼくは27才、もし大学に入れば27才から32才まで学生になる。

サラリーマンにとって5年間のキャリアは致命傷だ。

ましてや、32才になって卒業したらどこの会社も採用してくれないだろう。

「何、ねぼけてるんだ」と自分に言い聞かせ、その場を後にした。

ただ、妙に大学生達の顔がこびりついて頭から離れなかった。

みんなの読んで良かった!