エスパニョール選手寮生活記5/君はサッカーで生きていくつもり?-未来のサッカー選手候補と暮らして感じた、真剣に生きるからこそ得られること

◆君はサッカーで生きていくつもり?

       

ある意味、ここで生活しているからこそ聞ける、全ての意味を含めた質問。

 

「カズ、お前はサッカーで生きてくつもりなのか?」

17歳のGUITI(ギティ)は聞いてきた。僕は応える「Si(あぁ)」と。

 

逆に聞き返す。

「君はサッカーで生きてくつもりなんだろ?」

「オレは無理だね」

予想外にも、GUITIはあっさり答えた。

 

「じゃあ、誰が食べていける?」

「難しいだろう。フランシスはいいプレーヤーだけど・・・」

 

フランシスはいつもの試合でも10番をつけてる、チーム1のテクニシャン。あと、寮にはいないけど、チームメイトのDF3番キャプテンと、他にも右サイドハーフのマンチェスター・Uから声がかかっているという子の名前を挙げていた。この子たちはスペイン代表の下のカテゴリーにも召集されているらしい。

 

実際、エスパニョール2軍(B以下)から1軍にあがれるのも、1年代に2、3人いればよし、ぐらいのもの。ものにならない人間は、他のチームへ行くことになる。

そうなると、将来的にはスペイン2部リーグ、3部リーグに所属するようなセミプロチームに入って、サッカーを続けることになるのが、ある意味スタンダードな道。他に仕事をしながら、夜はサッカーを続ける。

 

この世代のトップクラスの子どもでも、目の前にそういう道しか広がっていないことを知っている。

 

でも、それは彼らの日常を考えれば、当然なのかもしれない。

彼らの世代は、バルセロナのメッシとほぼ同年代。

地域リーグ戦でもバルセロナと当たったり、世界のトップと日常的に戦っているわけだ。

その実力差を肌で感じて、自分の限界を感じたとしても、おかしな話ではないのだ。

みんなの読んで良かった!