『死んだらどうなる?』

『死んだらどうなる・・・』

親子で車に乗っていた時、

次男6歳

「おとうさ〜ん、死んだら

どうなるの?

俺はさ〜 ドラゴンボール

みたいに閻魔大王様の

所に行くと思うんだけど。」

長男10歳

「俺はさ〜 生まれ変わるんだと思う。

なんとなくそう思ってる。

お父さんはどう思う?」

父 「そうだな〜

 どうなるかわかんないな〜

 でも、天国か地獄に行くことに

 なるのかな〜(私は両親が

 クリスチャンなので、こう
 
 教えられてきた)」

長男 「そんなことないと思うな〜」

  子どもたちが『死』について

  興味を持ってくれたことが嬉しい。

 私は幼少期『死』への恐怖を

 誰にも話せなかった記憶がある。

なんとなく、誰にも話しては

いけない気がして。。。

ましてや親には。

もちろんこの会話には

結論はない。

でも、語ることに意義がある。

また突然話始めるまで

待ってみよう。

避けられないことだけど

大事なことだから。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。