心の世界、現実(うつつ)の世界

1 / 3 ページ

幽霊は実在している。


それも、特別な場所、特別な時間ではなくて、ごくありふれた場所に実在する。家の中にも現れるし、真っ昼間に出てくることもある。


残念ながら僕は見たことはないが、目撃者はたくさんいる。嘘だと思われるなら、一年生の教室に行って子どもたちに聞いてみられたらよい。少なくとも二人に一人は、幽霊を目撃している。


 もう十五年以上も前の話。僕が一年生を担任していたときのこと。


  ある朝早く、僕が教室にはいると、学級文庫の前に子どもたちが集まっていた。ちょうど梅雨時で、その日も雨。子どもたちは、始業までの時間を、読書で過ごそうと思っているのだ。


  その中の三人の男の子が、僕の姿を見るなり、ひそひそと相談を始めた。「たのもうか。」「そうしよう。」そんな声が聞こえてくる。


  僕が教卓の上に置かれた連絡簿に目を通し始めると、三人が、
「先生、先生。」
と言いながら学級文庫から取ってきた、一冊の本をおずおずと差し出した。「私は幽霊を見た」というタイトルの本である。


  前年僕が担任していた四年生の子どものひとりが、学級文庫に寄付してくれた本で、中には漢字がいっぱいならんでいる。一年生が一人で読むのは少しむずかしい。そこで、「先生に読んでもらおう。」ということになったのだ。


  どうしようかな、と迷っていると、ほかの子どもたちもバラバラと集まってきて、口々に読んでくれとせがみだした。


  まあ、いいか。この日は、朝の会で「一輪車の使い方」という話をする予定だったが、急きょ予定を変更し、本の中にある「昭和二七年に大高博士をおそった本物の亡霊」という、とびきり怖そうな話を子どもたちに読んで聞かせることにした。ただし、内容は題名ほどこわくない。


  けれど、僕にとっては退屈きわまりないその話も、一年生を怖がらせるには十分だった。固唾(かたず)をのんで聞き入る子どもたち。中には、はじめから耳を押さえて、それでいて聞き耳を立てている、聞いているのか聞いていないのかよく分からない子もいる。


  数分後、僕が読み終わると、こわばっていた子どもたちの体から、ふっと力が抜けるのが分かった。
「こわいお話ですねえ。こわかった人?」


  そう尋ねると、二〇人くらいの子の手が挙がった。けれど、本読みをねだった男の子たちを含め、いつも元気のいい数人は、
「ぜーんぜん。」
「もっとこわい話、いっぱい知っているわ。」
とカラ威張りをしている。


  そこで、ちょっとしゃくにさわった僕は、とどめにもう一つ、一年生を恐怖のるつぼにたたき込むことにした。


  「あ、そうそう。この間、テレビでおもしろいことをやってました。こわい話を聞いたり、暗いところに行ったりしたら、背中がゾクゾクッとするときがあるよね。

  お坊さんが言ってたんだけれど、そんなふうにゾクゾクしている人の後ろには、必ず霊がついているそうです。今先生の話を聞いて、ゾクゾクッてした人の後ろには、霊がついているんですねえ。おもしろいねえ。」


  恐怖感をあおるため、僕は逆に、できるだけ明るく楽しそうにそう言った。効果抜群。子どもたちの肩に、再び力が入り出した。


  なにしろどの子もゾクゾクの真っ最中。ということは、髙橋豊の話が真実なら、自分の後ろに霊がついていることになる。おもしろがっている余裕などない。


「それでね、その霊を追い払う方法もあるそうです。追い払うには、左の手で、右の肩をサッサーッと二回こすればいいそうです。でも、それはゾクゾクッとした人だけだよ。

  こわくなかった人や、平気だった人は、そんなことしなくてもいいんだよ。

  でも、ゾクゾクしているのに何もしなかった人は、家まで霊がついてくるんだって。おもしろいねえ。」


  帰り道、霊と二人っきりなんてまっぴらごめんだ。僕の話が終わらないうちから、今までうそぶいていた男の子たちも含めて、すべての子どもたちが、右の肩をサッサカサッサカこすりだしたのだった。


十二分にこわがらせたせたあと、
「本当に幽霊やお化けがいると思う人。」
と尋ねてみた。大半の子の手が挙がった。
「それじゃあ、そのわけを話せる人?」
と聞いてみた。

みんなの読んで良かった!