<第9話 教員採用試験編①>英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話

1 / 4 ページ

前編: <第8話 TOEIC勉強編③>英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話
後編: <第10話 教員採用試験受験編②>英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話

この話は「 第8 TOEIC勉強編③  英検2級で無職だった僕が3ヶ月でTOEIC960を取って英語教師になった話」の続きです。

もしご覧になっていない場合は、まず第1話からご覧ください


----------------------------------------------------------


2009年3月初旬


気温も少しずつ上がり、いつも通り花粉症に悩まされていた。


街は春らしい季節になり、心なしか行き交う人も新しい季節を迎えるようで、浮き足立っている感じがする。


そんな中、僕はTOEICの結果をただひたすら待っていた。



3月のTOEIC試験が終わってからは英語の勉強は一旦終了していた。


目標スコアである860点を超えていない場合、教員免許を取得しなければ教員採用試験はうけられない。そのため、レポート、試験勉強の日々だった。







2週間後、TOEICの結果が届いた。





ドキドキしながら開封してみると。










なんと









おどろきの








9




6




0









Reading 485

Listening 475






自分でも驚きの結果であった。

驚きのあまり自分の手が震えたのを覚えている。



いつも通り、結果の解析は行った。



2009年3月


part1 100%

part2 100%

part3 98%

part4 97%


part5 98%

part6 100%

part7 94%




リスニングは2問、リーディングは4問間違っただけのようだ。








早速、妻に電話をした。



僕:「TOEICの結果は960点だったよ。これで今年教員採用試験を受けられる。」



妻:「おめでとう!」





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。