大事か、どーでもいい、か。


この花はみなさん御存知の「曼珠沙華」。
あたしにとって、大事な花。何故かはあたしでも知らない。(笑)
「彼岸花」としての名前の方がポピュラーかも知れないけど、「曼珠沙華」の方が有り難そうな名前に聞こえません?なんとなく。

ってな、正にどーでもいいことからのスタートなんですが、多分あたしの転機は中学生3年生頃。
中学に入ってからすぐに片思いをして、片思い中もずっと「なんでもない」生活を送ってきたの。
あたしは当時、どちらかと言えば積極的な方。今でも、いざとなればむちゃくちゃな積極性を発揮する。
その彼にとっては迷惑極まりなかったかも知れないが、思い返せば多分、ものすごいアプローチをしていたんだと思う。
それこそ、「重たい気持ち」。
好きかどーかも分からないクッキーを焼いてみたり、なんとなく彼の周りを徘徊したり。
あー、重たい。
片思いが3年間ともなると、もう惰性でしかない。
あ、あたしは「団塊ジュニア」だから、根性も多少はあったかも。
でも、その彼のことが、本当に大好きだった。・・・と言っても田舎の中学生。告ってもその先の妄想は一切なかった。もちろん、当時(一応)処女。一応、と言っておく。
中学の卒業式の日、勇気を出して言ってみた。
「一緒に写真を撮ってください。」
彼はむっちゃモテる人だったから、その時には学生服のボタンなんぞ1つも残っていなかった。
でも、嫌がりもせず、写真も快く一緒に撮ってくれた。
言ってみれば3年間、重たい割に「暖簾に釘押し」の恋だった。

そして、その春、高校進学にあたって考えた。
もっと楽に生きたい。
人を想うのは、こんなにも辛くて虚しいものなのか。
もっと肩肘張らずに生きていきたい。
そう思ったあたしは、多分、少しずつ?一気に?変わった。

大事か、どーでもいいか。
この自動選別機をあたしの脳内に組み込んだ。いきなりと。
友達、先生、その他の人間関係において、その2つでしか判別しない。
いつも仲良くしている友達は、みんな、むっちゃ大事。
一般的に言う「知り合い」の人は、どーでもいい。
これ言うと人でなしの様だが、そうしないと「どーでもいい人」にあたしが振り回されることになる。
どーでもいい人や、どーでもいい事に一喜一憂するのは、もう嫌だ。
あたしの一喜一憂は、人のそれと違って、ものすごいから。
だから、脳内にそのシステムを組み込むことで、あたしがとってもとっても生きやすくなっていったの。
どーでもいい人のことは、きちんと第三者の目で判断できる。
どーでもいい事は、後回し。
大事な人、大事なことは、うんとこさ大事に。

このシステムを脳内に組み込んだ途端、なぜかあっさりと迷うことなく、両者を選別することができる様になった。
ものすごく優秀な選別機だ。30年近く使っている今でも元気に稼働している。
この選別機のメリットは、両者のバランスなんて、どーでもいい事。
どっちもオーバーフローすることがない。
だって、選別の基準は自分だからね。
「どーでもいい」から「大事」にステップアップすることもある。
でも、優秀な選別機。その逆は、滅多にないのね。
大事は、宝。
宝はいっぱいあった方がいい。
大人になればなる程、選別機もレベルアップするから全く困ることもない。

あたしの脳内には、すごいシステムが出来上がっている。
さながらあたしはSEか。
中学までは友達と衝突したりすることもたまにあったけど、この選別機を導入してから、人間関係で困ったことは、自慢だけど一度もない。

・・・困らないのは、あたしだけだけどね。
人間関係に困り果てている人には、このシステム導入をオススメする。
ただし、困り果てている人だけ。ね。

プログラマーが必要だと解ったのは、それから25年以上経ってからのことだった。

・・・全2回としてありますが、徒然なので変更アリです・・・


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の原木 ゆうこさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。