離婚を決意し洗脳から解けた今だからわかる事。彼はサイコパスだったのでは?

もうすぐ元旦那と離婚して一年になります。

長女の誕生日の翌日、子供達2人と愛犬と必要最低限の荷物をまとめて逃げるように実家に帰りました。


長女の1歳の誕生日のおめでたい日でした。
1歳って特別ですよね。
長男の時だって盛大にお祝いしました。

普通に家族4人でプレゼントを買いに行き、それから自宅で誕生日会をしました。

食事も終わりかけてた時、ささいな事で旦那と口論になりました。

内容ははっきり覚えてませんが、子供の事だったように思います。

彼はいつも自分中心で、外では本当に子煩悩な父親と思われていましたが家ではそうでもない。
ゲームをしたりテレビを見たりでろくに相手をしないのです。

たまに公園へ連れて行くけど、30分くらいで帰ってきたり…

パパ、パパと言われても適当にあしらいテレビ。
子供の声でテレビが聞こえなければ音量を大きくしたり。

大量のおもちゃを買い与えるだけで一緒に遊ぼうとはしない。
当時1歳の娘と、2歳の息子
対象年齢3歳以上のトミカのおもちゃを買い与え、当然1人で遊べるはずもないのに組み立てだけして自分はゲーム。

すぐに組み立てたおもちゃを壊してしまう息子(当然ですよね)に
「アホか、何回も壊すな!もう組み立てんからな!」と怒る旦那。

一緒に側で見て遊んであげるならわかるけど、2歳の子が1人で遊べるわけないでしょう。
正直ウンザリでした。

口論の原因は多分それらを私が指摘したんだと思います。

だんだん口論が激しくなり、イライラしてた旦那はテーブルの上にあった蓋の開いていたソースを床に放り投げ、ソースは見事飛び散る始末。

子供たちも泣き出し、両親の激しい言い争いが恐怖だったんでしょう。
今思い出しても2人の子供たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ソースをばら撒かれ、私も何かがプツリと切れて喚き散らしました。
お互いヒートアップし暴言。

もうたまらなく我慢できなくて、
旦那に死んでしまえと言ってしまいました。

そしたらキレた旦那は、蹴る殴る
今までにないくらいボコボコにされました。
子供の前で…

壁に頭を打ちつけられ、
腕やお腹を何回も蹴られ殴られ

暴力は初めてではなかったんですが、今までで一番酷かったと思います。
通報されてもおかしくないくらいの子供たちの泣き叫びと、私の悲鳴。

ついに旦那が離婚だと言い出しました。

彼は昔からケンカをするたび離婚や別れを口にします。
当時私は彼なしでは生きて行けないくらい愛してたので涙ながらにすがりつき許してもらうというのを繰り返してました。

子供の親権も俺が貰うからなと言われ、パニックになった私は包丁を取り出し自分の首に突きつけ言いました。

「子供を取られるくらいなら死んでやる」

その時冷静ではないはずなのに、離婚というワードより子供を取られる事を嫌だと思う自分に気づきました。

脅しではないと焦ったのか、旦那が我に返り
「わかった。わかったから、子供たちは取らんから。」

そう言って仕事があるからと家を出て行きました。


子供たちを抱きしめ、泣きながらごめんねと何度も言いました。

泣き止んだ長男に
「ママ、いたい?」
殴られたとこを見ていたからか心配するように聞いてきて心が張り裂けそうでした。

当時まだ言葉か遅かった息子。
単語を並べて一生懸命私に問いただす。
「ママ、パパどーんした。パチンした。いたい?」
そう言って殴られたところをそっと撫でてくれるんです。

涙が止まりませんでした。









著者のえみ 山田さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。