A子ちゃんのこと(

1 / 3 ページ

(7歳くらいの子を連れた母親が夜道を歩いている)

「ごめんね、A子ちゃん」

「おかあちゃん」

(10年後。バレーの試合)

「A子、今月で部活をやめるってコーチに言ったの?」

「うん」

「そんなの困る!もうすぐ大会じゃない。一緒に頑張ってきたじゃない!」

「ごめんね」

(帰宅後)

「母さん、本当に私、大学に行ってもいいの?」

「心配しなくていいの。お母さんが何とかするから」

「だって、うちは父親がいないんだし」

(教室で、模試の結果を返される)

「(あー)、志望校のボーダーに少し足りない」

「・・・・・・・。仕方ないか」(何かを決意する)

(生徒会の役員会で)

「Aちゃん、生徒会の副会長をやめたいって先生に言ったの?」

「ごめんね」

「どうして?やっぱり、勉強?」

(翌日、農協でA子ちゃんの母親)

「すみません。この生命保険を解約したいのですけど」

みんなの読んで良かった!