A子ちゃんのこと(

(7歳くらいの子を連れた母親が夜道を歩いている)

「ごめんね、A子ちゃん」

「おかあちゃん」

(10年後。バレーの試合)

「A子、今月で部活をやめるってコーチに言ったの?」

「うん」

「そんなの困る!もうすぐ大会じゃない。一緒に頑張ってきたじゃない!」

「ごめんね」

(帰宅後)

「母さん、本当に私、大学に行ってもいいの?」

「心配しなくていいの。お母さんが何とかするから」

「だって、うちは父親がいないんだし」

(教室で、模試の結果を返される)

「(あー)、志望校のボーダーに少し足りない」

「・・・・・・・。仕方ないか」(何かを決意する)

(生徒会の役員会で)

「Aちゃん、生徒会の副会長をやめたいって先生に言ったの?」

「ごめんね」

「どうして?やっぱり、勉強?」

(翌日、農協でA子ちゃんの母親)

「すみません。この生命保険を解約したいのですけど」

「奥さん、これはもうすぐ満期だから継続されるのをお勧めしますけど」

「いいんです。お願いします」

(学校の帰り道で農協から出てくる母親を見かけるA子ちゃん)

(塾で)

「先生、国立大学の工学部って授業料はどれくらいかな」

「なんで?」

「うち、お金がないからね。私立はムリなんだよ」

「奨学金を借りて、バイトをやれば国公立なら何とかなるかも」

「うん・・・・。お母さん、生命保険を解約してさ・・・・」

「そうなの・・・」

「これ、読んでみたら?」(アインシュタイン「晩年に想う」)

(事務所で)

「どうしたら、A子ちゃんの力になってやれるのだろう?」

「とりあえず、ボーダーを越える解答ってやつを調べないと」

「カッコ悪いけど自分で受けて徹底的に調査してみるか」

(塾で)

「A子ちゃん、家庭学習中の質問があったら365日、24時間写メして送っていいよ」

「先生、そんなことしたら儲からないじゃん(笑)。月謝もこの辺じゃ、一番安いし」

「生徒は、そんなこと心配しなくていいの!」

(教室で悪ガキが)

「A子、おまえ勉強ばっかしてんな。よれよれのジャージばっかりだし」

「・・・・」

「ちょっと、それ酷くない?」

「いいの。私、気にしてないから」

(塾で)

「先生は、どうして英語も数学も指導できるようになったの?」

「受験の前にノイローゼで倒れたことがあってね。元気なうちは頑張ろうって」

「ふーん。でも、先生は賢いからいいよね」

(39通の不合格通知と合格通知の束を見せる)

「なにこれ?へー、結構、苦労したんだ」

「先生は才能ないからね」

(教室で)

「A子ちゃん、ぼく関東の大学を受けるんだ。キミは?」

「私は、関西なの」

「そうなんだ・・・」

(淋しそうなA子ちゃん)

(受験当日)

  必死に頑張るA子ちゃん。

(合格発表の日)

  自分の受験番号をじっと見つめるA子ちゃん。

(塾)

「先生、合格したぁ!」

「当たり前だよ。大学の先生の目は、節穴じゃないもんね」

「A子ちゃん、きみのお陰で塾もいろいろ救われたんだよ。ありがとうね」

(10年後)

  A子ちゃんは、関東のある企業で研究職に就いている。(本棚には、アインシュタインの「晩年に想う」が置いてある)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。