自分の仕事に自信を持て

父に言われた一言。




中小企業に勤めて、上司に言われたまま、言われた通りの仕事をこなす毎日。


特に失敗することもなく、仕事をこなしていても、なかなか評価されない。


誰でもできる、掃除や片付けばかりやらされる・・・。


上司は、取引先営業マンや、上司どうしで談笑・・。


ぼくより、何倍も給料もらってるのに・・。



仕事に対する不満を父に漏らしたとき、こんなことを言われました。



「仕事の内容に、ランクなんか無いぞ。」




本当はあるんでしょうけど、父はこう言って付け加えていました。




「仕事全体をみんなでやり遂げるには、それぞれ役割分担がある、


掃除、後片付けでも、プライドを持ってやりなさい。


今お前が見る上司は、怠けて見えるかもしれないけど、


彼が、お前と同じ年齢の頃、お前と同じように、苦労してきたはずだ。


若いときは、給料以上にこき使われるかもしれない、でも、長年勤めれば、


若い時にこき使われた分の貯金が返ってるぞ。」




この言葉に励まされました。







言われたことしかできない、させてもらえない、なのに評価されない。


それで、モチベーションを保つのは難しいと思います。


ただ、転職を繰り返すと、給料以上にこき使われるサイクルが付きまとうかもしれない。


だから、仕事はやめません。



仕事は絶対休みません。



期待はされなくても、あてにはされるから。



やがて



こんなぼくでも、新規事業の責任者になり、




そして、独立し、経営者に。





今日も、仕事がぼくを待っている。

















著者のKun Takeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。