私が自由を求めるワケ④

1 / 2 ページ

次話: 私が自由を求めるワケ⑤

高校2年の12月の初め、

私達家族にショッキングな出来事が訪れました。


所属している卓球部で、今度行われる県大会に
私も出場できると先輩から言われ、
ドキドキするけど嬉しい心持ちで家に帰った私は、
「明日か明後日には東京に行かなくてはならない。」
と、聞かされました。

最初は全く意味がわかりませんでした。

聞くと、
父が連帯保証人になっていた養豚業者が倒産し、
その借金を父が払わなくてはならなかったのですが、
もともと我が家も商売を失敗し、
子供に進学をさせられないほどの家庭です。
それを返せるアテなどありませんでした。

夜逃げするしかない・・・。

父の兄姉が鹿児島に何人かいましたが、
そこはおそらく追手がくるだろうとの事。

なので、鹿児島から遠く離れた母の実家のある
東京に逃げようという事になったのです。

せっかく、県大会に出られるチャンスなのに!

でも、それどころではありません。

翌日、学校や周りの友達に、
父の仕事の都合で急遽引越しをする事になった。
行き先は告げられない(追手にバレるので)
とだけ言い残し、
その次の日には、
なるべくお金をかけない為に、
宮崎から船に乗って東京に向かったのでした。

東京で居候をさせてもらったのは、
母の兄の家でした。

年の近い従弟妹が二人おり、
皆さんとても良くしてくれましたが、
4畳半で家族4人の寝泊まりは
文字通り肩身の狭い思いでした。

引越し荷物はキチンと整理できる
余裕などなかったので、
どの箱に何が入っているかわからない状態で、
他にも2人居る母の姉の家にも分散して
置かせてもらいました。

食事や入浴などはさせてもらえましたが、
さすがに家族4人分の洗濯物まで出す事は出来ず、
母と二人でコインランドリーに通う日々が続きました。


何よりも真っ先にしなければならない事、
それは私を受け入れてくれる高校を探す事でした。

なるべくお金がかからない、
公立の歩いて通える場所で探すしかありませんでした。

いくつかの高校に頭を下げてお願いに行きましたが、
学年途中の転入は受け入れていないと断られ、
何校かまわって、ようやく1つの高校が、
試験に合格すれば3学期から受け入れても良い、
と言われ、
二度目の高校受験をたった一人で受けました。

運よく入る事は出来ましたが、
12月のほぼ1ヶ月は学校を休んでしまいましたので、
単位が足りなくてこのままでは進級できない、
と言われ、3学期の間は放課後、補修授業を受けました。
また卒業する為には3年生の選択科目で
単位が足りていない科目を選ばなくてはいけない、
と言われ、自分では絶対選ばない科目を
選択せざるを得ませんでした。

その後は、学費や新しい制服・教科書をはじめ、
自分の物は全て自分で稼がなくてはなりませんでした。


高校に入って部活動を始めてから食欲旺盛になっていた私は、
中学時代よりあっという間に10kg程体重が増えていました。

おじさんの家の食事はカロリー高めのご馳走が多く、
常に甘いお菓子がたくさんありました。
その時はもう部活動をしていませんでしたが、
食欲だけは旺盛で、
あっという間に更に10kg程体重が増えました。

着れるサイズの洋服が無くなった私は、
仕方なく男物を着る様になっていました。

男物を着た大柄でショートカットの私は、
よく男の人に間違われました。

度の強いメガネのせいで、
目は細く小さくなっていました。

典型的なブスでした。

コンプレックスの塊で自己評価の低い私が
出来上がりました。


年が明けて、
私達は新居に引越しました。

普通の大きさの一戸建てを
1階と2階に分けて貸し出していた
2階部分に私達家族は入居しました。

6畳の和室が2間、3畳ほどのキッチンにトイレ。
お風呂はベランダにむき出しのまま置かれた、
1畳ほどの大きさのユニットバス。
脱衣室などない和室の部屋で服を脱ぎ、
ベランダの窓を開けて、お風呂に入るのです。

著者のKayo Satouさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。