私が「自由」を求めるワケ 12

1 / 2 ページ

前回はリフォームの事だけになってしまいましたが、

今回からは、
リフォームを辞めた後の事を書いて行きます。


私がリフォームを辞めて始めた事は、
「ヨガ」です。

精神的に追い詰められた私が、
なぜ「ヨガ」を始めたのでしょう?

昔から「ヨガ」に興味はありました。
ずーっと気になってました。
でも、家の近所で気軽に通えるところは当時は無く、
なかなか始められませんでした。

40歳を過ぎた頃から、
体が若い頃の様に自由に働かない事も
気になり始めていました。

子供の頃から目が悪かったり、
気苦労が多かったせいか、
小学生の頃から万年肩こり症でした。

薬や病院が嫌いで、
予防医学や代替療法などに興味がありました。

健康的な生活習慣や、
規則正しい生活が好きでした。

これからいくつになっても出来る仕事を
生涯現役でしたい思いがありました。

そんな事を考えているある時、
ふと「ヨガ」が降ってきたのでした。

そして改めて、
自分の望みは「ヨガ」なら全て叶えられ、
そして「ヨガ」を仕事にすれば、
自分だけでなく周りの人も心身共に健康にする事が
出来そうな気がしました。

その時は降ってきたと感じたのですが、
おそらく心の奥底ではその良さに気付いていて、
頭で気が付いたのがその時だったのでしょう。

ハッキリ気が付くと、
意外と行動の早い私です。

早速、「ヨガ」を仕事に出来る様に、
インストラクターの資格取得が
出来るところを探しました。

当時は経験者のみというところばかりで、
未経験OKというところは数少なく、
自宅から通いやすい横浜には1件しかありませんでした。

ここで始めるしかない。

そう心の中では決めていましたので、
すぐに申し込み、通い始めました。

選ばないで入ったところでしたが、
そこは、整体師養成コースもあるところで、
整体師の皆さんと一緒に体の仕組みなどの
専門的な授業を受ける事ができたので、
今になって考えてみると、
とても良いところで学べたと感謝しています。

最初は2級、受かったら1級の勉強に通いました。

その後も世界的な資格の全米ヨガアライアンスの
講座を修了したものの、
学べば学ぶほど「ヨガ」の世界は深く、
自分は今まで生きてきて何も知らなかったんだ、
という事を知るばかりでした。

「無知の知」を実感する毎日でした。

資格さえ取れば、
すぐにヨガレッスンができる様になる!

そう思っていた私は、
自分の考えの甘さに愕然としました。

それからは、ひたすらに日々の練習と
勉強の日々でした。

いくら練習をしても、
いくら勉強をしても、
自分がいつまでも未熟なんじゃないか、
こんなので、
人に教える事なんて出来ないんじゃないか、
という想いはなかなか消えませんでした。

色んな先生のレッスンやワークショップで
学んでばかりいました。

ヨガに関する色んな本も読みました。

ヨガ以外のセミナーや講座なども受けてみました。

ヨガ哲学・瞑想・アーユルヴェーダ・般若心経・
脳科学・量子力学・陰陽学など様々な事を学んだり、
毎朝のヨガの練習において日々自分の内面と向き合ううちに、
少しずつわかってきました。

自分に見えていなかった事がある。
見ようとして来なかった事がある。
人は自分の見たい物しか見ていない。

そもそも、人の目で見える物なんて、
ほんのわずかな部分だけなのに、
さらにその中のほんの一部だけ、
大きな砂場の中の1つぶの砂くらいの事だけを見て、
それが全てだ、なんて勘違いして、
悲観したり、喜んだりしているって事を。

自分で全て判断しているつもりでも、
無意識に操られてしまっているという事を。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。