私が自由を求めるワケ 13(最終話)

1 / 4 ページ

自宅でヨガ教室を始めた私ですが、

レッスンの申し込みは全然ありませんでした。

今思えば、
ホームページを作成し、
チラシを一度近所に配っただけで、
看板も出さずにひたすら待っているだけでしたので、
誰も来るハズが無い事は分かりそうなものですが、
当時はそれで来ると思っていました。

A4のワードで作成した看板の様な物を
玄関に貼ってみても、
全く反応はありませんでした。

完全に商売を甘く見ていました。

私は、どうしたものか、と思いました。

教室繁盛のためのオンラインセミナーを受けて、
フェイスブック広告を打ってみたところ、
少し反応はありましたが、
継続して通ってはもらえませんでした。

もっとちゃんと商売について学ばなければなない事を、
痛感した私は、起業塾の様なところに入りました。

そこで色々を学んでいるうちに、
コーチングというものの存在を知りました。

今までも耳にした事はあったとは思いますが、
自分には全く関係の無い事だと、
どういうものかを調べてみようともしませんでした。

そこでセルフコーチングという、
自分に対するコーチングをしてみた事で、
今まで気が付かなかった事に気が付きました。

自分が今まで何を求めて来たのか、
自分は何をしたいのか、
自分のこれからの人生をどうすればいいのか、
などに気が付けたのです。

私は、幼少期からの厳しい親の干渉と束縛により、

みんなの読んで良かった!