死んじゃいたい人! 海外逃亡という名の強制リセットボタン押してみませんか?

次話: 2.海外逃亡のススメ!


「もしもピアノが弾けたなら…」


自分の好きな曲を弾いて歌を歌える。


カラオケなんて要らない。


まるで、お育ちがいい人みたいで格好いい。


だけど、ただボーッとして自分の内側に入る妄想モードに入っても、ピアノが弾けたらって妄想は決してしない。


妄想ネタはいつだって同じ、今現在の自分の知識や経験のままで小学生の頃からやり直してみたい。

そんな妄想を楽しんでいる。


それを後悔というのかは分からないけど、答えを知った上で、違う道を進んだ場合はどうであったのかを知りたい。


私が日本で生きていくのに、今後どうなっていくのか…

もう40年以上も生きたので予想がつく。

答えやゴールがだいたい分かっているのに、それをなぞるかの様に予想した通りの答えに向かって生きていくなんて、あまりにツマらない。


極端な考え方をすれば、人はみな死ぬのだけど、ただそれがいつか分からず、死ぬ日を待っているだけの人生は苦しい。

シャバにいるけども、まるで死刑囚みたいだ。


なんで、こんな風に思うのか?


自分自身を第三者的に見て、総合的な人間としての能力を考えると、今から充実したワクワクする素敵な人生を送れる暮らしが出来る様になるとは思えない。


その充実したワクワクする素敵な人生っていうのは、他人と比べてカネがあるとか、生き甲斐やヤリガイのある仕事をするとかじゃない。


自分自身が予想不能な結末や結果を迎えられる人生が、私にとっての素敵な人生だ。

予測がつくのはツマラナイ。


私の場合は予測がつく。

その理由は、縛りがあまりにもあって、自分自身のチカラだけで勝負をかけれないからだ。


その縛りとは、例えば私はカネ貸しに行っても、カネを貸してくれる正規の業者は存在しない。

いわゆる金融ブラックだ。


他にも借家を何軒も契約解除せずに夜逃げしている。

だから、多くの賃貸用の不動産の保証会社でもブラックだ。


携帯電話もドコモやソフトバンクで焦がしているから携帯電話1つ契約出来やしない。


自業自得。

自分自身で決断して今の自分となっているので、決して誰かのせいじゃない。

潔く全てを清算して、ミソギの時期が過ぎてから、再び自分の人生を賭けて勝負するべきが正しい選択なのだろうなぁとも思う。


だけど、そんなマイナスを清算する能力も、それを可能とする時間も私には無い。


清算をしている途中で私の人生の時間が終了するか、清算を放棄する代わりに浮浪者の様に生きるか、悪い事でもしてお巡りさんに捕まえてもらい刑務所で健康に暮らすか…


思いつくチョイスはこの3択だけど、自らのケツを拭く為に潔く様々な清算をする道が、きっと1番困難な生き方と思う。

私は大変で苦しい道のりをすすんでチョイスするドMでは無い。

というか清算せずに生き続けてきたので、今更どこまで遡って清算すれば良いのか分からないほど、ゴミ屋敷の様に叩かずとも溢れんばかりのホコリとアカにまみれているので、清算するのは現実的じゃなかったりする。


簡単に私の人とナリや、なぜ今後生きていくのが困難であるのかに触れたが、形容詞をとっぱらって簡単に自己紹介するなら、無責任な生きてる価値なしのクソ野郎って事になる。


自分で書いていて情けなくなるが仕方ない。

こんなテメーのケツも拭けない根性無しなので、おまわりさんにパクってもらうほどの悪事も働けないし、世の中を驚かすビッグな人間になれるわけもない。


間違って有名人になっても、過去の所業を暴露されて、世の中に抹殺されるだけと分かっている。


だけど、残念ながら今現在は生きているし、自ら命を断てるほどの根性もない。


そんな人生40代前半で終了している私だけども、自分の人生を棒にふる様な少々エキサイティングな生き方をしてきただけに、退屈でツマラナイ死刑囚の様な人生は受け入れがたい。

だから先述した3択のどれも選べない。


ようやく本題だけども、私が出した答えは海外逃亡だ。

何から逃げるのかは、自分でもよく分からない。

誰かに捕まってしまうのか、誰かに追いかけられているのか、そんな激しい犯罪を犯した覚えは無いけど、日本から逃げようと思った。


日本で生きるには、私が作ったマイナスが大きすぎて、マイナス人生から逃れられそうも無く、マイナスを消す為に更なる大きなマイナスを作りそうだ。

今更マイナス4桁が、5桁・6桁となろうが構わないのだけど、そんなマイナスを背負わせてもらえるチャンスなんて早々頂けないと思う。


なので、手っ取り早くマイナスをゼロにしちゃおう🎵

って事での海外逃亡という選択肢だ。

続きのストーリーはこちら!

2.海外逃亡のススメ!

著者のAkiraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。