亡き父の戦友の眠るガダルカナル島への散骨の旅

1 / 8 ページ

父、二郎が八九歳で他界したのは二〇〇七年十一月十二日未明のことだった。

二郎の口癖は、「人間歩けなくなったら終わりだ」で散歩を日課としていた。

両親は、私が社会人になるのを待って別居をし、綿私が結婚するの待って離婚した。


二郎は「共倒れする、迷惑にはなりたくない」と同居を断り続けたが、

「老いては子に従えと言うだろう。一緒に住もう」

と説得して、やっと応じた。


二郎は孫の成長を楽しみにしていた。

初孫の運動会の前夜、体調を崩し、救急車で病院へ、

そこで、肝臓がん末期と肺炎と診断された。

肺炎が治り、自宅に戻ったその日から点滴を断わり、私たち家族に見守られて息を引き取った。


二郎は第二次大戦のガダルカナル島から生還した。

都合四次にわたる総攻撃をくぐりぬけてのことだった。


晩酌派で、爆撃で鼓膜破れていて、飲むと声が大きくなり、いつも戦争の話をしていた。

「今日●月●日は、△△居て、〇〇していた」

は全て戦争の話であった。


二郎の回想は、何年経ってもガ島の戦いから更新されていなかった。


話の最後は、決まって

「俺が死んだら、遺骨をお婆ちゃんのお墓と戦友の眠るガ島に散骨してほしい」

であった。

 

二郎は帰国後間もなくして、カソリックの教会に通い出し、洗礼を受けた。

彼女がいて、結核で先が短いとわかると籍を入れ、看取った。

教会にそれなりの金額の寄付をし、

ドイツから来た神父さんに生活が不便にならないようにと、中古車を無償で貸していた。

また、教会が幼稚園を作るための土地を提供しようとしていた。

しかし、神父が女性問題を起こしたことをきっかけに、教会から離れた。

母とはこの教会で出会い、結婚した。

 

そう言えば、墓参りでは、釣部姓の知らない女性の名前の墓石にも線香をあげていた。

子どもの頃、「誰なの?」と聞いても、親戚としか二郎も母も答えなかった。

おそらく、この人だろう。


考えてみれば、米軍と死を賭けて戦った元兵士が、

なぜ、戦後に欧米のカソリックの洗礼を受けたのか、不思議である。


なぜ、二郎がカトリックの洗礼を受けたのか、

みんなの読んで良かった!