◆体が嫌がる歩きをしているだけですよ~らせん流の動き~

ジャーナリストの釣部人裕です。 

私は、元体育教師ですが、正直言って、

私の体に起きた変化が信じられませんでした。

いや、未だに、充分に理解できているとは思いません。

ただ、明らかに、歩き方が変わった。


踵を使っているのだ。

止まるのに筋肉を使い、歩くのには筋肉を使っていない感覚。

ふくらはぎもはらない。この歩きだと、何十キロも歩けそうな気がしたのだ。


そして、歩いているだけなのに、気持ちよく笑顔がこぼれてくる。

さらに、噛み合せの悪い私の顎関節まで動いてくる。


先日、「らせん流RUN」の創始者、

ランニングセラピスト小松美冬さんのセッションの途中から、

私の体に起きた反応だ。


「釣部さんに紹介したい人がいるんですよ。

 筑波で体について専門的に勉強した釣部さんなら、

 彼女のことが理解できると思うんです」

そう言って、友人が紹介してくれたのが、

ランニングセラピスト小松美冬さんだった。


はじめて会ったときに、

どうやって「らせん流RUN」を行き着いたのか、訊ねた。

ざっと紹介すると、こうだ。


生後10か月で歩くより前に走りはじめた、

走るのが大好きな女の子だった。

4歳で迎えた東京五輪、マラソンのアベベ・ビキラ選手に魅せられ、

中学では陸上部に所属した。


大学時代は、洋菓子作りに夢中になり、

洋菓子教室通いや洋菓子店でのアルバイトに明け暮れ、

卒業後は、ケーキ作り職人、今でいうパテシェになるつもりでいた。


しかし、パテシェになるのは、広く社会を見てからと思い直し、就職。

デパートの店頭販売に配属される。

しかし、窓のない売り場の環境は彼女には合わなかった。

転職を考えるも、知人の紹介で入社した手前、

1年もしないで辞めることはできない。


その時、映画『マイライフ』のヒロインの台詞を思い出した。

「フルマラソンを走ったら、

 その先自分のしたいことが何でもできるような気がするの」


「そうだ、マラソンを走ろう!」

と、マラソン完走を目指し、2㎞のジョギングを開始。

それから、4か月後、マラソンを3時間41分で完走した。


スポーツの楽しさを伝えるライターを目指し、

23歳で、編集プロダクションへ転職。


冬はクロスカントリースキー、 春から夏はカヌーや登山も楽しみ、 

ランニングのレースは1年に1回、

 その年の自分の発表会のつもりでマラソンに出た。


ジョンギングを始めて3年後の1985年。

世界で初の女性だけのマラソン大会、憧れの東京国際女子マラソンに出場。

3時間2分で完走した。 


2回目となった1986年の東京国際女子マラソンで自己記録を2時間52分まで更新。1987年は、東京国際女子マラソンを招待選手として走ることになった。

そして、東京国際女子マラソンで国内8位入賞。


28歳になった彼女は、翌年ニュージーランドに1年間、単身ランニング遊学。

世界で最も偉大なランニングコーチと言われる

アーサー・リディアード氏の指導を受け、

2時間46分の記録を出せるまでになった。


オリンピックに出たい! そう思うようになった。

彼女の人生は、順風満帆に見えた。


そんな矢先のことであった。


いわゆる、“脚の力が抜ける”という症状が出だした。

10㎞くらい走ると右脚に力が入らなくなるのだ。


このことが彼女の人生を大きく変えることとなった。


速く走れなくなってからは、マラソンのラジオ解説を手掛け、

現在人気の選手の取材から生まれる人間ドラマとしての

マラソン解説の原形を作った。

その後、24年間にわたり、計25回、

東京国際女子、横浜国際女子、バルセロナ五輪女子マラソンで解説をする。


彼女は自分が走れなくなった原因を、

「動きを部分でとらえ、

 本来は自然の一部である人間の在り方・構造に反した

 体の使い方で体を歪めたまま走りすぎたこと」

であると分析した。

そして、この症状からの脱却を目指して、

体の構造、意識、動かし方を研究し、体の感覚を研ぎ澄まし続けた。


53歳の時、既成の方法や型に囚われず、

「もっと自由に動きたい!」

という体の奥底から湧き上がってきた体の声が聴こえた。

それから、自分の体と心の声をコーチに、その都度、

「球動法(前・体幹内操法)」「操体法」「自然功」「元極学」

「導引術」などを学び取り入れながら歩き、走り、

らせん状に流れるように進むことで、

身心が自然と調和していくことを発見し、

その動きを「らせん流RUN」と命名したという。


実は、私は、30㎞以上歩いたことがない。25キロを過ぎると股関節が痛くなり、30kmに近づくと、股関節周りが凝ってきて、脚が動かなくなる。


事情を話した後、私は訊ねた。

「らせん流で歩くと、42.195キロを歩けるようになりますか?」

「たぶん、大丈夫ですよ。

 釣部さんの体が嫌がる動きをしているだけですから。」

彼女は即答した。


私は嬉しくなった。

「どれくらいの期間ですか?半年ですか?」

「らせん流では、期間を決めません。自分の体が期間を決めますから……」


期間を答えてもらえると思っていた私は、拍子抜けした。



話だけは、わからない。

「信じるな! 疑うな! 確かめろ!」をモットーにする私は、

「こればかりは、体験しないと分からない」

と思い、直ぐに彼女のセッションを受けた。


骨格模型を使いながらのセッションが進むにつれ、

自分の体の声を聴けるようなってきた。

すると、体は、これまで合理的でよいとされてきた動きとは、

微妙に異なる動きをした。

どうも私の、骨格・関節の構造に沿った動きをすればいいのだが、

知識がその動きを邪魔しているようだった。

彼女のセッションは、

自分の「体の声を聴き、気持ちいい動きをする」を良しとする。


確かに私の体は、らせんの動きを好んだ。


まるで「コロンブスの卵」だ。

「言われれば、確かに、そうだなー」の連続であった。


私には、西洋医学と東洋医学を統合したような「トレーニング革命」と思えた。

この理論では、ブレないカメラの構えも、

柔道の技も、テニスのラケット動きも、包丁捌きも、らせん流で説明がつく。


健康になりたいと思う人は、

ぜひ、一度、彼女のセッションを受けることをお勧めする。

自分の体がいかに精巧で、いかに神秘的なのか、に気が付くと思う。


詳細を知りたい方は、「らせん流」で検索してみて下さい。


 


著者のHitohiro Tsuribeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。