甘酸っぱい思い出

どうもー!重延誠司です!


学生時代の事を思うと1日だけでも戻りたいな、と考えてしまうぼくです。

でもいざ戻れるとなると、、中学の悔いのある試合の日かな?それとも、高校生活は全部楽しかったし、なんてことない普通の日でもいいな、とか。


高校2年の時に好きだった、学年イチ可愛かったテニス部の斉藤さんと両想いだったのに告白する勇気がなくてバスケ部のチャラけたヤツに取られたのは今でも悔やんでいます…。(笑)

相手から言ってきてくれるのを待っていた自分がいたんですね、男なのに情けないです!

そのときに"素直に言わないと何も始まらない!"ということを学びました。


高校生なんて女の子の方が待つ側だろ、って。今では反省しています。

しかもそのカップル高校卒業してすぐにできちゃった婚をしてしまって、もう完全にぼくの入るスキはなかったというわけです。


その時の、気持ちが未だに心に残っているので"待ちの姿勢"は絶対にしませんね!

これはもはやポリシーです。


重延誠司



著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。