「長い人生で1年間の寄り道なんて大したことない。」父親の一言で浪人を決意し、偏差値30上げて早稲田大に受かった話。

1 / 7 ページ

2012年3月15日。


行き場のない中、上野の道を歩いてた。
今日は何の日だっけ。
そうだ、卒業式だ。

卒業式後の打ち上げ。2次会前にプリクラを撮った後、私はふっとみんなと別れた。
みんなは4月から始まる大学生活や就職先に、期待にあふれていた。

しかし、私には進路がない。

「どうしてこうなった。」

今思えば3年前、
東京1自由な校風に憧れ、今の都立U高校に入学した。
正直学力とかどうでも良かった。
とにかく自由な学校を求めていた。

私服OK!
金髪OK!
パーマOK!
ピアスOK!
アルバイトOK!
犯罪しなきゃ良いみたいな校風。

入学当時は驚いた。

(朝礼誰一人聞いてねえ。笑)

(ここは、動物園か?)

学校の隣に上野動物園があることから、上野動物園附属高校とも揶揄されていた。


しかし、当時の偏差値は60前後だったため、自称進学校と謳われていた。
教員たちも進学校という看板は守りかったらしく、特進クラスの設置や土曜の授業など学力向上に必死だった。

わからんでもない。50年前は学区No.1都立として、東大生も年間40人輩出していたのだから。

(今は見る影もない…。)

みんなの読んで良かった!