【近大ノマド】会社を辞めた僕が大学でノマド生活を始めた起業の記録

1 / 3 ページ

「中西さん死相が見えていましたよ」

久しぶりに会った僕を見て、起業仲間にいわれた言葉だった。

枝のように細くなった二の腕。
顔色は青白く、目元に薄黒いクマが広がっている。
肌はボロボロで手入れの形跡はない。
色あせたシャツとズボンを身にまとう。

これが起業したばかりの僕の姿だ。
3ヶ月前までは会社員だった面影はすでになくなっていた。

収入はほぼゼロ。
急速に減っていく貯金。
唯一削れるのは食費くらい。

朝ごはんに5本入り98円のバナナを買うか迷うくらいのレベルだったので、常に空腹だった。
身体は明らかな栄養不足。
それでも朝から夜まで12時間も働いたこともある。

当時の僕が生きていた唯一の原動力は

自由になりたい!

という渇望だけだった。

サラリーマン生活に幸せはなかった

会社員3年目の5月、僕はサラリーマン生活に終わりを告げた。
会社で働いてみてわかったこと。
それは、

僕は会社で幸せになれる人間ではない

のがハッキリしたことだった。

最終出社日の翌日、僕は東大阪のアパートに移り住んだ。
築70年を超える古民家。
アンティーク調の建物が醸し出す雰囲気と、個性的な大家がいるため、近くの大学生から「魔女屋敷」と呼ばれていた。

僕は大家と個人的に知り合いになり、会社を辞める代わりに住まわせてもらうことにした。

近大ノマド生活のはじまり

収入はほとんどなかった。
サラリーマン時代に貯めた資金が底をつく前に、ビジネスを軌道に乗せる必要がある。

収益の目処が立つまでは、徹底的な節約生活。
カフェやコワーキングスペースはお金がかかる。
1円も無駄にしたくなかった。

だったら大学のキャンパスで仕事をすればいいじゃないか

僕は大家よりママチャリを借り、近くの近畿大学へ通う生活をはじめた。

当時の年齢は26歳。
大学院生に見られなくもない。

カフェテリアや屋外のベンチなど、空いているスペースを見つけては作業をしていた。

努力さえすれば報われると思っていた

起業して本気で頑張れば、収益は右肩上がりに伸びていく。
僕はそう信じていた。

しかし、現実は甘くなかった。
起業して3ヶ月は家賃すら払えない。

収入がゼロという日々が続いた。

さすがに起業2ヶ月目の月収が189円だったときは、目の前が真っ暗になった。
収益をチェックしたのは大学キャンパスにあるフリースペースで仕事をしていたとき。

夜9時を回っていたので、周りに学生は誰もいない。
発狂して現実から逃げ出したい気持ちを抑えるのに必死だった。

「189円なんて子どものお小遣いレベルじゃないか!」
「コンビニバイトでも1時間働けば800円ももらえるのに!」
「僕は毎日朝から夜まで働いて全然お金を稼ぐことができない!」

自分は誰よりも努力している!
と思っているのに成果が付いてこない。

俺は努力しているんだ!

なんて大声で叫んでも、誰も信じてはくれないだろう。
周りの目には、「毎日10時間以上働きながら月189円しか稼げないダメ人間」としか映らないのだから。

このまま結果が出なかったら人生終わる

起業は己との戦いといっていい。
急速に収入が減っていくプレッシャーに押しつぶされそうになる。

このまま成果が出なかったら・・・
という不安、恐怖で作業の手が止まる。

そういうときは無理やりにでもキーボードを叩いて、少しでも前に進もうとあがく。

会社員には2度と戻りたくなかった。
サラリーマン生活の延長線上に僕の思い描く人生はない。

成功して自由を手に入れるか?
失敗して破滅か?

が僕の人生に残された選択肢だった。

冷蔵庫に入っていた大家の差し入れ

ある夜、いつものように大学で仕事を終え、ママチャリでアパートへ戻ったときのことだった。
何気なく冷蔵庫を開けてみると、身に覚えのないものが置いてあった。

1日の食費600円で生活していた、僕自身では絶対に買わないものだ。
起業してから数ヶ月、こういうものはしばらく食べていなかった。

手書きのメモが添え書きされていた。

「勇介、鯛のアラ」

鯛のアラ???
大家の差し入れであることは、そのぶっきらぼうな書き方からすぐにわかった。
けれど、なぜ?

みんなの読んで良かった!