クズ野郎と素晴らしき野望 episode0

【クズ野郎と素晴らしき野望】


●俺が生きる自信を無くした日


石垣島⇔東京、他都道府県で、

正社員やサラリーマンにならず、

派遣や季節労働、バイトを

30数社くらいの業種職種に携わり

鳴かず飛ばず。


冒頭のタイトルにもあるように

生きる自信を無くした日は、

今住んでる東京に来る前の

約5、6年前の2012年から2013年の

石垣島でいた自分。


仕事も生き方も

何もかもが辛かったころ。

東京に来る前の1年前に

自殺はかろうとしたときもありました。


なんでこんなにも

自分に自信がなかったんだろう。

と思ったのはつい最近で、

5、6年前の俺は、

自信も在り方すらなかった。


なにをやってもクズな野郎で、

初恋の人に

何度かアクションしてるようで、

してるフリして、妄想で終わらせてました。

ロクな恋愛はしてない。

ましてや、交際まで行ったことない。


恋愛も

好みは好きになった人を

好きになる自分なので、

意外とバラバラ。

車海老養殖場時代にも

好きだった人はいた。


偽りの自分やってて、

バカバカしかった。


俺のクズさは、

クソくらいクズ。

どんなクズな経験したかというと、

中学か小学高学年の時だったかな、

他人の畑で火遊びしたり。。

季節労働の京都で寮の壁を

親友と喧嘩して穴開けたこと。。

まだまだあります!


あとは、

ロクに恋愛も出来たことないのに

必死に彼女を作ろうと焦ってた。

DT(童貞)なのに、

無理に背伸びしてたり。


自分の愛し方がわからなかった。


苦しい自分と寂しい自分と

悲しい自分と弱気な自分と

現実から

ひたすら逃げまくってた。


仕事は、

半分は両親の紹介。

半分は自分の選択。

今思えば全部、自分の選択肢と決断だった。

人のせいに、

環境のせいに、

何度も何度も繰り返ししてたなぁ〜〜


2014年3月27日、

俺が生きる自信を無くしたまま

東京に来た日。

著者のToru Sasakiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。