沈みゆくなかで(3)

バレたからには
こんな騒ぎになったからには

もう、ここには居られない

今後の身の振り方を考えなきゃ、、

階段に座り込んだまま、考える


考えると言っても
長男は、引越しも転校もしたくないだろう
一年後の夏の林間学校を
何年も前から楽しみにしていたし
何より、幼馴染みのように
親しんできた友達が、沢山いる

私の都合で、それを手放せなんて、、

行く先だって、都内の実家しか浮かばず

親がふたりで住むくらいの間取りの
あの家に
押しかけても、迷惑なだけだ、、


考えたところで答えは出ず

ここに居たいのか、居たくないのかという

自分の思いではない

家族や、周囲の、状況に思考が飛び

何も結論は出せない


この近くで、団地でも入れたら
それでとりあえず
何とかなるのかな、、


とりとめもなく考えていると

夫から、帰る、と電話


お前な、ここに居たかったら
これから毎日

俺とS  E Xしろ

嫌って絶対言うな

毎日必ずすると約束したら

このままここで暮らしていい


と。

私の気持ち、ではなく

みんなが上手くいくにはどうしたら

と考え頭を抱えていた
そのタイミングで


俺の性的要求を拒否するな

という、条件つきの、許し


はぁ、

それで済むなら

そうします



それが、私の答えだった。



夫は、私より一回り年上だったけど
付き合い初日から
溢れんばかりに性欲を持て余し

毎日でもやれる

情熱的なS E  Xを毎日したい


と、本当に
有言実行したい人だった

わたしはさすがに、それには付き合えない
そもそも そんなに
性欲ないし、、

と、断り、避け
極力回数を減らしたかった



そこに不満があった夫は
この機を逃さず

自分の願いを叶える
チャンスに使った



こんな事になるまで
よその男にフラフラ気を移すまで
追い詰めたのは俺も悪かった


会話も、増やそう
家事も、協力する
お前の夢、やりたいこと
資格を取りたいなら、叶えていい
親父も施設に入れて
この家から、出すから


俺と一緒にいて
もう一度、やり直してくれ

その為にも毎日

S E  Xさせてくれ
これは絶対断るな

これだけ、守ってくれたら

俺が必ずお前を守るから
昔のように頼れる男に戻るから

チャンスをくれ、と



私の願いは、なんだったろう、、



そんな事も、どこかへ

霞むくらい

わたしは、私を、見失っていた



ただ、家族が望む形で
今のこの暮らしを存続できるなら



私が、受けて立てばいい


それが、私の受ける罰なんだ。


すべての条件をお互いのんで

やり直すことに、した



この時のわたしは

ぺしゃんこのまま、これを背負うことが

これから先私の生きる

戒めの道なんだと、

深いあきらめとともに、受け入れた。

著者のKcoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。