生きるために、手放す(10)


ワンネスユニバーシティの
アウェイクニングコース、2日間

バガヴァンの教えを学ぶ2日間
今世での人間関係の根底にある、
受胎の記憶からの振り返り
母との関係、父との関係、など
深く深く掘り下げ眠っていたトラウマ
チャージ(ネガティブな感情)に気づく

とても深い2日間だった

そして、私がよくわかっておらず
コースの中で驚いてしまったけれど
アウェイクニングコースを修了すると

ディクシャギバーになるのだ

私が、こうやって人に手をかざして
送る側になるとは、、、

そこはすっかり意識になく申し込んだので
どこか、たどたどしさもありつつ

そのコースの中で
アンマ・バガヴァンのおしえを
どこまで理解したのか、は
正直に言えば、
 
これでよかったのでしょうか、、

何とも心許ないレベルだったと今思う。
(今はテキストを読み返して膝を打つばかり)

ただ、心の中のわだかまりに出会い
言うなれば、インナーチャイルドを
自分の手で見つけ、声をかけ、癒す
それだけをみっちりやった、2日間


受講の合間に、休憩などで
講師とお話し、雑談をする

ディクシャも、バガヴァンの教えも
うーん、なんとなく、、レベルだったのに

この2日で、いちばんわたしに響いたもの
それが、


という言葉だった。


もちろん、それまでの人生で
魂という言葉は聞いて知っている


「魂ってね、何万年と転生を繰り返すのに
この性格って、ずっと同じなんだって~!」


この、言葉に
なぜかものすごく興味を持ち
面白い!何それ!
色んな過去世ありながら
色んな設定の中で

この性格?!このまま何万年も
繰り返し、生まれ変わってるの?!

ものすごく、食いついた

魂、魂ってなんだっけ

何万年も、この性格で生きてる、、

そして、その魂を分けた
片割れもいま、この世で生きている、、


なにそれ、なにそれ、魂って

魂、魂って、なんだっけ、、

なんだか、わからない

何かを思い出したいような
すごく忘れていることがあるような

魂、という言葉に突然惹き付けられ
いても立ってもいられないような

不思議な力が湧くのを抑えられず
ものすごく、勇気が
腹の底から湧いてくる、
 

何かが、動き始める、と思った

わたしは、それまでの人生も
 
いつだって、流れの変わる時
潮目の動くとき

ここは、岐路だ

ここから先、何かが始まる

という時、いつだってこの

不思議と腹の底から湧く勇気

底知れぬどこかから湧き上がる

ワクワクするという感覚

それを掴み、それに身を任せ

流されてきた

大きな節目を振り返ると、いつもそうで

この時も、そうだった

何かが、動く。怖くはない。



潜在的に知っていた
魂が知っていた、岐路に

その時しっかりと、立ち

動き始める流れに、身をゆだねた




著者のKcoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。