旅立ち(1)

3週間実家で過ごし、夏休みが終わる

家族はみんな、このまま帰らずに
こっちで暮らそうよ、と長男を説得した

でもやっぱり
学校の事、友達のこと、
やりかけた自由研究のこと、

自分の世界を主張し、
わたしも、大丈夫、ぜったい何とかなる、と、
家族の心配を押し切って
元の家に帰った。

帰ると夫は、
俺は生まれ変わったと宣言し
お前のいない間、真似して瞑想してみたら
見える世界が変わったのだと
今まで苦しめてごめんな、と

唐突に謝られる

わたしは、この時なぜか突然、
たどり着いた
という、声が聞こえ
この時を、待っていた、
ようやく、終わったんだ、と

とても深く感動して、泣いた

夫の言葉を、真に受けたわけではない

ただ、この時

ここまで言わせることができて、
ようやく次に進めるのだなと、思い
感動して、泣いたようだった


そこからは、指一本触れることなく
やらせろと拗ねることもやめ

嫌味や威嚇もなくなり
一見、平穏を取り戻したように見え
そうであるように夫も振舞っていた

何となく、ザラっとする
なんとも言えない、違和感を無視できず
まったく、心を緩めなかったわたしは

穏やかそうな、ある時

ねぇ、離婚しない?

と、夫に静かに切り出してみた。

そこまで、あなたが生まれ変わって
お前の生き方を、人生を尊重すると言うのなら

私はもう、あなたとの婚姻関係を
終わりにしたい。
沢山のことを学んだから
ありがたく、この学びを終わりにしたい。


そう言うとやっぱり、
隠れていた小さな子供はすぐに出てきて
暴れはしないけど、鷹揚を装いながら
言葉で圧をかけてくる。

どうしても離婚したいなら
子供を置いてお前が出て行けば?
それなら離婚してやるよ

やっぱり!とカッとなり、
は?!なにいってるの?!と
また、足元見るような発言をする
本当に嫌な奴!何も変わってないじゃないか
と、胸の内で毒づき
そこで話も終わる。


実家にいた3週間、
ツインレイ、についても何か答えを出したくて


本当にこの人、ツインレイですか?


これは、ツインレイと出会い苦しむ中で
一度は当たる、壁なんじゃないかと思う


この人がツインレイですか?と
聞いてはいけないと、どこかで見ていて
なぜならそれは、
自分の魂だけがわかる答えで
外に求めるものでは無いから。と

理屈はわかるけど、誰かに聞きたい
ツインレイってなんですか
出会うと、どうなりますか  
今のわたしって、ツインレイと、
どんな感じなんでしょうか、
出会ったと思って、
未来を描いていいのでしょうか、、、

なんだかわからない
目の前に居なくて相手に聞けない、
沢山のことを
誰かに聞きたくて

ネットで見つけて、この人ならと思えた
ツインレイのセッションをしている方に

意を決して、会いに行ってみた


金星からのチャネリングメッセージ
など、次元を上下し降ろしてくれる
メッセージの数々

あまりの、膨大なメッセージに
頭がクラクラする中で、

私の現状について、話が及ぶ

夫にされてきた、数々のこと
精神的な苦労のはなし
子供も苦しめて、それでも離婚できなくて

身動き、取れなくて、、、


すると、

あなたは、あなたの使命のために

そこから飛び立つ人

その為に、飛び立たせるために

あなたのご主人は
そんなにボロボロになりながら

悪役を、いのちの限り、やり続ける

いい加減、飛び立ってあげないと



あなたが、みんなを苦しめてるのよ


、、、

衝撃的だった



そうなのか、、


そうか、わたしが



みんなを、苦しめている、、



私の内面を、映し出す鏡


今ある現実は、私が作っている



すべてのピースがはまるように



あぁ、、そうなんだ、、と


めまいの中、フラフラと電車に乗る

車内で人目もはばからず、泣く


ツインレイについて聞いたこと
私の使命を聞いたこと
これから何をするべきなのか

全ては、ヒントでしかなく
答えは、出されない


たくさんの、衝撃的すぎるヒントを
フラフラになりながら抱えて帰り

そこから
何をしていても涙が流れ止めることができない
うずくまり床にすがりついて泣き

泣きながら、旅立ちを決意するまで


たったの、3日だった


著者のKcoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。