その① 大爆笑 元ナースの老人ホームぶっちゃけ話

15年も前になりますが、看護師をしていました。




もともとは、病棟勤務もしましたが、私の働いていた一般内科では、元気に退院される方も多い中で

残念ながらお亡くなりになられる方も多く、受け持った方が亡くなられた時に、気持ちの切り

替えがうまくできず、結局、病棟勤務の看護師を辞めてしまいました。


とは言っても、生きていかねばならず、稼がねばなりません。



そこで、求人案内を見た私は、


老人ホーム夜勤ナース募集 午後4時から 翌日午前9時まで 1回2万5千円


という募集を見つけ、応募しました。



面接の後、なぜか募集案内よりも高い1夜勤3万円で働かないかと打診を受け、

老人ホームで夜勤ナースとして働きはじめました。



それが、それが、おもしろいのなんのって。



老人ホームの殿方と奥方は、吉本の芸人さんより面白いと太鼓判を打てるほどに、

毎勤務、大爆笑をしていました。



いつか書いてみたいと思っていた、その小話を、

少しずつ、書いていきたいと思います。






まぁ、くすっ位の笑いですが、思い出したエピソードを一つ。




老人ホームに夜勤ナースとして働き始めたばかりの頃。


午後4時に勤務がスタートした直後、午後5時には夕食が始まりました。


食事介助が必要な方も多いフロアで、


「こんにちは~。今日から働きます。いろいろ教えてくださいね。よろしくお願いします~。」


と、殿方奥方に挨拶しながら、周りの介護士さんにどなたの介助に入ればいいか、教えを乞いました。



では、この方の食事介助にと言われたので、

車いすに座っている80代くらいの女性の介助に入りました。


食事介助は、相手のリズムに合わせて、などと思いながら、とろとろっとしたスープを女性の口に運んでいると、隣に座っていた、これまた80代くらいの女性が話しかけてきます。



「あんた、可愛いな~」


いやいや、ありがとうございます、と返しながら、食事介助を続けます。、すると、また


「いや、あんたは、ほんまに可愛いわ~」


「可愛いな~、いや、可愛いわ~」



もう、何度連発するんですかというくらいに、私を見つめて可愛い可愛いと連発してくれるのです。



80代のお婆ちゃんからでも、こんなに見つめられ、真剣な眼差しで可愛い、可愛いと言われたら、嬉しかったのです。まぁ、私も捨てたもんじゃないな。こんなに外見を褒められるとは、ちょっとない体験だよね、とちょっと浮かれて思っていました。


そのお婆ちゃんも、食事の介助をしていた方も食事を食べ終えられたので、食器の片づけに行きました。片づけを終え、その場に戻ってくると、その私に可愛い可愛いと言ってくれるお婆ちゃんが、誰かに「あんたほんまに可愛いなぁ~」と、話しているではないですか!



誰だれだれ?


一体、誰に話しているのと、お婆ちゃんが話しているその先を見ると、



なんと、それはカレンダー。


それも、それも、奈良の大仏様のお顔でございました。



それはそれは、お美しいでございますね。



老人ホームでの「可愛いな~」には、もう騙されますまいと誓った老人ホーム初日でありました。










著者のJuncoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。