【私が脱サラして起業するまで②】

みなさんのお勤めされている会社は、

時間とお金に余裕をもたせてくれますか?


無事大学まで卒業することができた私は、

祖父母が経営する会社の親会社にあたる、

その業界トップの専門商社に就職することができました。


本社である名古屋の、それも売上トップの地区を任されることとなり、

最初こそ気合を入れて仕事に望んでいました。

大手だけあって、そこで営業の力をしっかりとつけることができ、

それは今でも役に立っていると実感しています。


ですが、その業界は年々同業による価格競争が激しくなっていき、

仕事量は増えていくのに業界全体の売上は

どんどん落ちていくという状況に陥っていました。


私が入社した年から決算賞与が消え、

隔年で行っていた海外への社員旅行もなくなり、

給与改定と称して営業手当が上がる代わりに基本給が下がり、

結果ボーナスが下がるという徹底的な

コスト削減が行われました。


仕事量もとても一日では終わらないので、

有給をとるのにも正当な理由がないと怒られて却下されるような職場でした。

(これは完全にアウトですが)


お金も時間もなく、

将来に対して不安を感じ始めたとき、

私がサラリーマンを辞めようと思った

きっかけになった出来事が有りました。


著者の田口真吾さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。